鋼構造物の製作における溶接作業に従事する技能者の資格です。一定の国内規格(JIS,WES など)に基づき、溶接作業の技量について評価試験を行い、資格として格付け、認証を行っています。この資格は発注者からの溶接施工等に関する仕様書などで要求される溶接品質を確保するために、製作者が信頼性を証明する手段の1 つとして、例えば建築鉄骨の製作工場認定の要件や、JIS Z 3400「溶接の品質要求事項」に基づいて溶接施工を行う場合の要件となるなど、広く一般の溶接構造物の信頼性、安全性の確保に対する社会的要請に応えるものとして活用されており、公的にも国際的にも認識されています。なお、この資格者は、溶接管理技術者及び溶接作業指導者の指揮下で鋼構造物の溶接作業に従事するのが一般的です。

↑不明点があれば一度「Q&A」をご確認下さい

【e-Weld】パソコンでご利用下さい(タブレットやスマートフォンは非対応)(クリック)

インターネット接続環境のパソコンをご用意ください。タブレットやスマートフォンの専用画面は設けていませんので、写真添付機能など一部で不具合が生じてしまいます。

【e-Weld】領収書の発行について(クリック)

領収書の発行は、受験やサーベイランス等の「申込み履歴の確認」画面から発行(ダウンロード)が可能です。

受験対策の講習会

評価試験の学科免除制度あり

評価試験の⽇程・会場

窓 ⼝

講習会と評価試験は指定機関で受付(⼀部の評価試験は検定委員会も受付)

サーベイランスは各地区検定委員会で受付