1.第10次粉じん障害防止総合対策(2023~2027年度)の推進

2.特定化学物質障害予防規則への対応

(1)フィットテストのQ&Aリーフレットの作成

(2)フィットテストに関する内容を機関誌に投稿(溶接関係者への啓発など)

3.現場作業の溶接ヒューム測定

4.溶接の安全衛生対策講習会の実施

(1)WES9009シリーズに対応した講習会

5.化学物質規制の動向調査

6.JIS改正検討

(1)ISO 25980:202X(アーク溶接用遮光カーテン、ストリップカーテン及びスクリーン)のJIS化の検討

7.WES制定・改正検討

(1)WES 9009-X(溶接、熱切断及び関連作業における安全衛生-保護具の正しい着用手順(仮))

(2)溶接周辺機器(局所排気装置等)に関する情報収集

8.国際規格審議

(1)ISO/TC 44/SC 9(衛生安全)へPメンバとして参画

9.国際活動

(1)IIW第Ⅷ委員会(衛生安全)への参画

10.国際活動

(1)機関紙等への啓発記事掲載

(2)溶接安全衛生マニュアルの改訂検討

(3)新版 アーク溶接粉じん則及び特化則対策教本の改訂検討

11.安全衛生・環境に関する国内外の文献調査

12.安全衛生・環境に関する事項の他団体への協力

13.安全衛生・環境に関する諸問題への対応