WESの策定

(1)高圧ガス保安法適用機器を想定した2つの規格(保安検査基準および維持管理基準)の制定

(2)維持管理基準に盛り込む引用規格の適用検討

(3)自主保安検査基準のブラシュアップ(事例共有委員会と協働)

更なる技術力向上のための体制つくり

上記2つの規格は、2024年度に制定される見込みであるため、その内容および背景を特定認定高度保安実施者である石油/石油化学産業界に理解・活用してもらうために、以下の活動を検討します。

(1)制定した保安検査基準および維持管理基準の、技術的理解を深めるための啓蒙活動(石油学会と協働)

・保安検査基準制定のため参照した海外規格(API、ASME)の教育

(2)安全と信頼性の向上に資する事例情報の共有・発信・議論(石油学会と協働)

・不具合事例に関する本質的原因及び再発防止策

・各社保全検査基準の議論

(3)更なる保安力向上に資する技術教育普及活動(化学機械溶接研究委員会及び石油学会と協働)    

・WES2820の減肉評価、WES7700の溶接補修技術の教育