【 告 知 】溶接技能者の各資格認証基準について(2021.10)

下記の各項目をクリックの上、必要な情報をご確認願います。

手溶接技能者資格の種類

資格の種類は、溶接方法、溶接姿勢、試験材料の種類と厚さ、溶接継手と開先形状、裏当て金の有無などにより区分されており、各資格種別の詳細及び受験資格は、下表の通りとなります。

溶接方法資格の級別資格の 種別記号溶接姿勢試験材料の 種類,厚さ区分溶接継手 の区分開先形状裏当て金
被覆アーク 溶接基本級N-1F下向薄板/炭素鋼板板の突合せ溶接V形又は I形なし
専門級N-1V立向
N-1H横向
N-1O上向
N-1P水平・鉛直固定薄肉管/炭素鋼管管の突合せ溶接
基本級A-2F下向中板/炭素鋼板板の突合せ溶接V形又は レ形あり
専門級A-2V立向
A-2H横向
A-2O上向
A-2P水平・鉛直固定中肉管/炭素鋼管管の突合せ溶接V形
基本級N-2F下向中板/炭素鋼板板の突合せ溶接V形又は レ形なし
専門級N-2V立向
N-2H横向
N-2O上向
N-2P水平・鉛直固定中肉管/炭素鋼管管の突合せ溶接V形
基本級A-3F下向厚板/炭素鋼板板の突合せ溶接V形又は レ形あり
専門級A-3V立向
A-3H横向
A-3O上向
A-3P水平・鉛直固定厚肉管/炭素鋼管管の突合せ溶接V形
基本級N-3F下向厚板/炭素鋼板板の突合せ溶接V形又は レ形なし
専門級N-3V立向
N-3H横向
N-3O上向
N-3P水平・鉛直固定厚肉管/炭素鋼管管の突合せ溶接V形
ティグ溶接基本級T-1F下向薄板/炭素鋼板板の突合せ溶接V形又は I形なし
専門級T-1V立向
T-1H横向
T-1O上向
T-1P水平・鉛直固定薄肉管/炭素鋼管管の突合せ溶接
組合せ溶接基本級C-2F下向中板/炭素鋼板板の突合せ溶接V形又は レ形なし
専門級C-2V立向
C-2H横向
C-2O上向
C-2P水平・鉛直固定中肉管/炭素鋼管管の突合せ溶接V形
基本級C-3F下向厚板/炭素鋼板板の突合せ溶接V形又は レ形なし
専門級C-3V立向
C-3H横向
C-3O上向
C-3P水平・鉛直固定厚肉管/炭素鋼管管の突合せ溶接V形
ガス溶接基本級G-1F下向薄板/炭素鋼板板の突合せ溶接V形又は I形なし
専門級G-1V立向
G-1H横向
G-1O上向
G-1P水平・鉛直固定薄肉管/炭素鋼管管の突合せ溶接

手溶接技能者資格の受験条件

資格の級別受験条件
各種類の基本級1ヵ月以上溶接技術を習得した15歳以上の者 (注)
各種類の専門級3ヵ月以上溶接技術を習得した15歳以上の者で、 各専門級に対応する基本級の資格を所有する者。ただし、基本級の試験に合格することを前提として基本級の試験と専門級の試験を同時に受験することができる。
(注) ガス溶接受験者は、労働安全衛生法にもとづく「ガス溶接技能講習」修了者であること。また、アーク溶接については、労働安全衛生法にもとづく「アーク溶接等の特別教育」を修了していることが望ましい。

評価試験の内容

(1)学科試験

はじめて受験するときは、学科試験があります。出題内容は、次の分野です。
a)溶接の一般知識  b)溶接機の構造と操作  c)鉄鋼材料と溶接材料  d)溶接施工  e)溶接部の試験と検査  f)溶接作業での安全衛生

なお、次のいずれかを満足する場合には、手溶接の学科試験を省略できます。ガス溶接については、ガス溶接技能講習修了者を受験資格としているので、学科試験は免除されます。
・JIS Z 3801及びWES8201に基づく評価試験に合格したことがある者
・JIS Z 3801及びWES8201に基づく評価試験で学科試験に合格し、有効期間内の学科試験合格証明書を現有する者
・当協会が認める溶接学科講習会を修了した者
・溶接管理技術者又は溶接作業指導者の資格を現有している又は過去に取得したことがある者

(2)実技試験

試験は、JIS Z 3801にもとづいて行い、外観試験及び曲げ試験により評価します。

試験に使用できる溶接材料及びガスについて

*評価試験で使用できる使用溶接材料は、受験申請時に選択した溶接材料のみ使用可とし、評価試験当日の使用溶接材料の変更は不可となります。

・被覆アーク溶接の試験に使用する溶接棒の棒径は、3.2mm以上とします。ティグ溶接の試験に使用する溶加棒及びガス溶接の試験に使用する溶加棒の径は規定しません。
・組合せ溶接の場合には、溶接材料はティグ溶接の溶加棒と被覆アーク溶接の溶接棒の両方とも選択してください。
・ティグ溶接のシールドガスはアルゴンガスのみになります。

受験時の安全

 溶接技能者評価試験中の災害を防止するために、受験者の皆さんに特に守っていただきたい事項をまとめました。安全の確保のためにご協力ください。

1.溶接作業に適した服装を着用しましょう

 安全作業は、まず服装からといわれています。キチンとした服装で溶接作業をするために、特に次のようなことに注意して下さい。
●作業服は、油汚れや湿気のないものを着用して下さい。
●作業服は、溶接作業に適したものを着用して下さい(上衣は長袖を、ズボンの裾は折り返しのないものを)。
●作業靴、安全帽(または作業帽)を着用して下さい。

2.適正な安全保護具を着用しましょう

使用する安全衛生保護具には次のようなものがありますが、必ず適正なものを使用するようにして下さい。
●ア-ク溶接用の保護具の例
 しゃ光ガラス(フィルタ-プレ-ト)付溶接用保護面、保護メガネ、防じんマスク、かわ製のア-ク溶接用手袋(全長350㎜程度のもの)、前掛け、腕カバ-、足カバ-
●ガス溶接用の保護具の例
 しゃ光保護メガネ、かわ製のガス溶接用手袋または清潔な軍手、前掛け、腕カバ-、足カバ-

ア-ク溶接で起きる主な災害は…
 ・感電
 ・ア-ク光による障害
 ・やけど
 ・爆発、火災
 ・ヒュ-ム、ガスによる障害
 ・酸欠症
などがあります

 

3.感電事故を防止するために

 「目に見えないが命をねらう」のは、忍者ならぬ電気です。感電事故を防止するために、特に次の事項を守って下さい。
●素手や湿気を含んだ手袋で、電源のスイッチ、溶接機のスイッチ、溶接棒ホルダ、溶接ト-チおよび
溶接用ケ-ブルなどや、その他電気機器の導電部に触れない。
●溶接作業を始める前に、使用する溶接装置や溶接機の電源スイッチの位置を確認しておく。
●溶接作業を終了したら、直ちに溶接装置や溶接機の電源スイッチを切る。
●溶接棒ホルダ、溶接ト-チおよび溶接用ケ-ブルなどの保護被覆が損傷していることを発見したときは、直ちにそれらの使用を中止し、立会評価員または係員に申し出て、新しいものと交換してもらうか、修理などをしてもらう。

万一、感電事故が発生したら!

事故を発見した人または近くの人は、直ちに感電事故を起こしている人が使用している溶接装置、または溶接機の電源スイッチをきって立会評価員または係員に通報して下さい。

4.ガス漏れ、爆発、火災などの事故を防止するために

●溶接作業場所内やその付近は整理整頓し、燃えやすいものを置かない。
●消火設備(消化器、消火栓、消化用水など)の設置場所を、あらかじめ確認しておく。
●ガス溶接装置を使用する場合は、所定の資格を証明する書面(ガス溶接作業主任者免許証またはガス溶接技能講習修了証)を携帯する。

ガス漏れ、爆発または火災などの事故が発生したら!

事故を発見した人または近くの人は、直ちに大声でまわりの人々に知らせるとともに、立会評価員または係員に通報して下さい。

5.自らの安全と周囲の人々の安全のために

●通路には、みだりに工具や物を置かない。
●試験材を保持用のジグに取り付けるとき、あるいは高さなどの位置を決めるときは、取り付け用のねじなどを十分に締付け、試験材やジグが落下しないようにする。
●熱い試験材などを運搬するときは、専用の工具などを用いるようにする。試験材などを運搬するときは、足の上などに落とさないようにしっかりと持つ。また、無理な姿勢で持って腰を痛めないように気を付ける。試験材を床に置くとき、投げるように置かない。
●試験時間には、遅れないように。また、受験票、持参品なども事前に点検して、忘れ物がないようにして下さい。
●試験中は、立会評価員または係員から指示された事項等を守って下さい。
●試験中の皆さんが、不安全な行為や作業をしているときは、立会評価員または係員が注意することがあります。直ちに改善してから作業等をして下さい。
●試験中の受験者にみだりに話しかけたり、近づいたりしないようにして下さい。
●試験のために指定された場所以外に立ち入ったり、試験に関係のない機器材などに触れないようにして下さい。
●試験に必要な工具以外は、持ち込まないようにして下さい。
●試験中は、禁煙です。喫煙は、指定された場所で行って下さい。
●試験に使用する溶接装置または溶接機、溶接棒ホルダ、溶接ト-チ、溶接用ケ-ブル、ガスホ-ス、溶接作業台および試験材保持用ジグなどはていねいに取扱って下さい。特に、溶接作業台や試験材保持用ジグなどには、ア-クを出さないようにして下さい。
●試験中は、他の受験者の迷惑や邪魔にならないように、お互いに注意して下さい。
●試験用の設備などに不安全と思われる状態を発見したときは、直ちに係員に申し出て下さい。
●試験中に気分が悪くなったりしたときは、直ちに評価員または係員に申し出て下さい。