【2024年度 研究テーマ指定助成事業 募集案内】

当協会では、我が国の社会基盤を支える溶接・接合技術などものづくり技術のさらなる発展と活性化を図るため、2023年度より当協会が指定した研究テーマの活動を助成する事業を実施しています。

2024年度においても2023年度と同じ以下の研究テーマを公募を開始しましたので、奮ってご応募いただけますようご案内申し上げます。

助成は、総額で500万円とし、採択件数は5件以内です。助成の詳細につきましては、募集案内をご確認ください。

2024年度に当協会が指定するテーマ

金属を材料とした積層造形技術における①〜⑨のいずれかとします。

  1. ① 積層プロセスを織り込んだDfAM(AM造形限界を考慮した形状最適化)
  2. ② 溶融池現象のシミュレーションモデルの構築(PBF)
  3. ③ ウォール厚さ・空間寸法などの造形限界について(PBF)
  4. ④ インプロセスモニタリング(PBF/DED)
  5. ⑤ 溶接アークとAMアークの放電・溶融池現象(DED-ARC)
  6. ⑥ AM凝固割れの現象論的解析(PBF/DED)
  7. ⑦ AMミクロ組織の造形時と後熱処理との関係(PBF/DED)
  8. ⑧ AM造形物の残留応力解析と熱変形の実験・理論解析(PBF/DED)
  9. ⑨ 造形対象の形状・サイズと入熱量が熱変形・残留応力に及ぼす影響(PBF/DED)

【募集締切】 2024年3月29日(金)


【問合せ先】 一般社団法人日本溶接協会 研究テーマ指定助成事業 事務局 宛

E-mail: theme_jyosei*jwes.or.jp

注:メール送付の際は「*」を「@」に変えてください。

TEL: 03-5823-6322


2023年度奨学寄付金支給対象研究が決定

本協会では、我が国の社会基盤を支える溶接・接合技術などものづくり技術のさらなる発展と活性化を図るため、本協会が指定した研究テーマの活動を助成する事業を実施することとなりました。

このたび、選考委員会で審査した結果を受け、理事会において総額500万円の奨学寄付金を支給する研究が決定しました。

2023年度に対象となった研究は、5件です。