Welding Coordinators

用語の説明

用語の説明

■サーベイランス
 新規登録・再認証登録などの登録手続きを行いますと、2年間有効の適格性証明書が発行されます。
 サーベイランスとは、書類による審査であり、試験等は伴いません。該当者宛には、サーベイランス申請書という所定の用紙をを送付致します。審査の内容は主に、職務活動記録などです。継続される方は速やかに提出下さいますようお願いします。


■再認証審査(旧更新審査)
 サーベイランス手続きをされますと3年間有効の証明書が発行されますが、有効期限の1年前より申請することができます。審査は書類審査と筆記審査(試験)により行われます。
 現在、年間2回(5月・10月)に実施していますので、どちらかの機会に申請することができます。該当者には、再認証審査のご案内を送付致します。再認証審査申請書を提出下さいますようお願いします。


■適格性証明書
 適格性証明書は、筆記試験及び口述試験による評価の結果、適格であると認めた者に対し発行されます。
 溶接管理技術者認証制度は、JIS(日本規格協会)・ISO(国際標準化機構)・WES(日本溶接協会)の規格に準拠しています。
 また、1999年には、要員認証機関を認定するJAB(日本適合性認定協会)により我が国第1号として公式に認定されました。

 
■溶接管理技術者の資格認証の流れ
canvas2.jpg

 登録後、2年目にサーベイランスの申請をしていただきます。この時は、書類による審査となります。サーベイランスを終えると、再評価となりますが、この時は、書類審査と筆記審査の両方を行います。
 適格性証明書には、更新・サーベイランスの年月日が表示されています。表示のないほうが、次回の手続きとなりますので登録されている方は、お手元の適格性証明書をお確かめ下さい。なお、手続きに必要な書類は時期が来ると該当者あてに自動的に送付されます。
 住所・勤務先等変更された場合は速やかにお知らせ下さい。