Welding Coordinators

溶接管理技術者の「任務及び責任」並びに「知識及び職務能力」

等級特別級1 級2 級
任務及び責任JIS Z 3410ISO 14731)の本体4.1及び4.2,並びに附属書Bに記載された事項に基づいて製造事業者から割り当てられた任務と責任を果たさなければならない。
知識及び職務能力JIS Z 3410ISO 14731)の本体6.1及び6.2 a)に記載された技術知識をもち,かつ溶接技術に関する包括的技術知識と経験,及び施工,管理などに関する統括職務能力を保有していなければならない。JIS Z 3410ISO 14731)の本体6.1及び6.2 b)に記載された技術知識をもち,かつ溶接技術に関する特定技術知識と経験,及び施工,管理などに関する専門職務能力を保有していなければならない。JIS Z 3410ISO 14731)の本体6.1及び6.2 c)に記載された技術知識をもち,かつ溶接技術に関する基礎技術知識と経験,及び溶接施工,管理などに関する基本職務能力を保有していなければならない。
【参考】専門的(特定)知識に対する要求事項*)製造事業者から委任された溶接製作における全ての任務及び責任について,計画,実行,監督及び試験するための,豊富で,かつ十分な技術知識選定又は限定された技術分野内の溶接製作において割り当てられた任務及び責任について,計画,実行,監督及び試験するための十分な技術知識簡単な溶接構造物に関与する,限定された技術分野内の溶接製作において割当てられた任務及び責任について,計画,実行,監督及び試験するための十分な技術知識
*)JIS Z 3410: 13.6.2項の規定による
 
[備考]
1)各認証等級に対応する具体的職務能力(力量)については、溶接製作物の種類、製作工程の複雑さ(困難さ)、要求される品質水準、及び設備や生産量の規模などによって異なる。そのためイメージとして例示することが望ましいが、それは困難である。
2JIS Z 3400:2013では同規格の附属書FF9.3.3項において、特に溶接作業の技術的複雑さを主要因子として認証等級を対応させる原則を提案している。すなわち要求品質水準に応じて、附属書Aで分類している3つのレベルに対応させる考え方である。
3)本溶接管理技術者の認証等級はISO 14731に準拠して特別級、1級及び2級に定めているが、この同じISO規格に基づく溶接技術者制度として、IIW(国際溶接学会)の定める国際資格制度がある。制度としては新しいが欧州を中心として、過去15年間に急速に世界中に進展しつつある(WES 8103:2013の解説参照)。両制度には教育時間、有効期間、学歴要求事項等の相違点があるが、基本的な技術レベルに大差は無いと考えられている。
4)しかしながら、認証取得者(資格取得者)の等級別分布には、下表の通り大きな隔たりが認められる。この理由として、欧州(世界)と我が国(日本)では認証を要求する適用規格(法規)の相違もしくは顧客の要求の相違などがおおきいと考えられる。
          
IIW/日本の溶接技術者認証者数(比率)の比較
(IIWは2014年12月現在、溶接管理技術者は2016年3月現在)
ISO 14731ComprehensiveSpecificBasic
IIW Qualification溶接技術者資格制度           IWE                       IWTIWS80,700(100%)
38,700(48%)8,500(11%)33,500(41%)
WES 8103溶接管理技術者認証制度特別級1級2級33,600(100%)
1,300(4%)7,800(23%)24,400(73%)

5)溶接業界の国際化が今後どのように進展するか予断を許さないが、WTO(世界貿易機関)のTBT(貿易の技術的障害に関する)協定の順守義務(国際整合規格の適用義務)に対して、どのように対応すべきか将来の課題となる可能性があるかもしれない。