Laser Materials Processing Committee

LMPシンポジウム2021「レーザ加工技術の応用と最新動向(オンライン)」開催のご案内


本シンポジウムは終了いたしました。
多数のご参加誠に有難うございました。

LMPシンポジウム2021 レーザ加工技術の応用と最新動向(オンライン)


〔 開 催 主 旨 〕

近年、レーザ発振器に加えてレーザ加工用光学系、ロボットシステム、加工現象観察・診断装置などの周辺機器の開発が大きく進歩し、従来からの溶接、切断に加えてマイクロ加工、3Dプリンタに代表される積層など、レーザ技術が適用される加工技術の用途および分野は拡大しています。日本溶接協会LMP 委員会では、レーザ加工技術の普及を目的として、2001 年より毎年その時々の最新レーザ装置、加工技術、業界の動向などを紹介するレーザ加工シンポジウムを開催して参りました。今年度は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、初めてのWeb会議によるオンライン開催となりますが、最近注目されている各種レーザ加工装置、プロセスおよび応用例など、我が国におけるレーザ加工技術のトレンドを総覧いただける講演を1日の講演会として集約し、皆様にご紹介させていただく運びとなりました。
今回のシンポジウムでは、「レーザ加工診断技術」、「自動車分野での適用」、「最新のレーザ加工システムと実用例」、「動画による技術・装置紹介」の4つのセッションで、それぞれ3~4件ずつ各分野を代表する専門家の方々に講演していただきます。現状のレーザ加工のトレンドを総覧できるような講演を選出いたしましたので、本シンポジウムを聴講いただくことで国内のレーザ加工技術の動向を把握いただけるかと存じます。特に、「動画による技術・装置紹介」のセッションは、恒例となっていました見学会の代わりとして、レーザ加工装置とその使用例を動画でご覧いただくことで最新のレーザ加工を実感していただけるように企画いたしました。
是非この貴重な機会をご利用いただき、皆様の今後のレーザ溶接・レーザ加工の導入検討あるいは更なる新技術開発を行う一助としていただければと思い、ここにご案内申し上げます。

◆プログラムはこちらから(PDF)


〔 開 催 要 領 〕

1.日時
2021年2月19日(金)09:00~17:00

2.定員
120名
※申込先着順とし、定員に達し次第締め切らせていただきます。

3.参加料(参加者1名分、テキスト代(PDF)・消費税を含む)
・会 員 15,000円※
・非会員  20,000円
※会員とは、日本溶接協会団体会員会社(http://www-it.jwes.or.jp/kain/kaindsp.jsp参照)にご所属の方を指します。

4.申込期限
2021年2月12日(金)(ただし、定員に達し次第締切)

5.申込要領
(1)お申込は下記の当協会 講習会・シンポジウムオンライン受付ページよりお願い致します。
https://www-it.jwes.or.jp/seminar/
※当協会ホームページ「お知らせ・募集」(http://www.jwes.or.jp/)からもアクセスできます。
(2)ご入力いただいた個人情報は「個人情報保護に関する法律」に則り当協会が定めた個人情報保護方針に従い管理します。詳細は「一般社団法人 日本溶接協会 個人情報保護方針」(http://www.jwes.or.jp/privacy.html#info)をご参照ください。
(3)受付手続完了後に当協会よりお送りする受講確定メールに「受講番号」が記載されております。当日シンポジウムのZoom会議室に入室される際の表示名に受講番号を入力いただきますので、お手数ですが当日までメールを保管くださいますようお願い申し上げます。
(4)受講確定メールをご確認の上、参加料を以下の口座へお振込みください。

三井住友銀行 神田駅前支店 普通 0146921 (一社)日本溶接協会 シヤ)ニホンヨウセツキヨウカイ

※振込手数料は貴社にてご負担ください。
※原則として、口座へのご入金をもって領収に代えさせていただきます。請求書又は領収書の発行を希望される場合は、申込受付ページの「摘要欄」にてお知らせください。

(6)お振込後の参加費は返金致しません。ご欠席の場合は、代理出席をお願い致します。
(7)開催1週間前までにメールにてテキストPDFダウンロードのご案内をお送りします。未着の場合は事務局までご連絡ください。

6.事務局(申込/問合せ先)
(一社)日本溶接協会 業務部 下園(シモゾノ)
〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町4-20
TEL:03-5823-6324 FAX:03-5823-5244

7. 開催方針
ZoomウェビナーによるWeb会議開催といたします。当日会議室に入室する要領(ミーティングIDとパスワード)はお申込みいただいた方へ開催1週間前をめどに送付します。また、聴講に必要なZoomの操作、聴講に際しての注意事項などの案内も併せて送付する予定です。

 

〔 オンライン開催にあたってのご確認・注意事項 〕

今年度は以下の要領にてシンポジウムをオンライン開催いたします。会場に集合しての開催はございません。お申込み前に十分ご確認ください。聴講に関する操作等の詳細は、お申込みいただいた方へ後日案内します。

1. 利用システム
Zoomウェビナー (https://zoom.us/jp-jp/webinar.html

2. 受講者側で準備いただくもの
・インターネット環境
・上記に接続されているPC、スマートフォン、タブレット
※受講者側ではカメラを使用しませんので、準備いただく必要はありません。質疑応答ではマイクで発言いただきますので、マイクは必要に応じて事前にご準備ください。聴講、発言時の音声品質の確保のためには、ヘッドセット、イヤホンマイクの使用を推奨いたします。
・Zoomアプリ
※Zoomはブラウザでも使用できますが、一部の機能が制限されるためアプリでの参加を推奨いたします。予めご使用されるPCにZoomアプリをインストールしておいていただければと存じます。
※Zoom使用のためのシステム要件は以下を参照ください。
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023

3. 禁止事項
・申込者ご本人以外も自由に閲覧できるような環境(例:仕切りのないオープンスペース、テレビやスピーカーでの映像・音声放送)での受講はご遠慮ください。
・シンポジウム配信画面の記録(撮影・録音・録画・スクリーンショットの取得その他一切の手段による)および講演内容の無断転用・無断転載を禁止します。

4. Zoomウェビナーへの参加方法
・Zoomウェビナーの会議室入室に必要な情報および画面操作案内は、お申込みいただいた方へ後日メールで配信します。

5. 重要なご案内
・新型コロナウイルス感染症の拡大状況またはその他の事情により、講師変更またはシンポジウム開催中止となる場合がございます。万が一シンポジウム開催中止の場合は参加料を全額返金致します。
・最新情報は当協会 レーザ加工技術研究委員会ホームページ(http://www.jwes.or.jp/lmp/)にて随時ご案内します。ご確認の程宜しくお願い申し上げます。