│日本溶接協会(JWES)のページへ│

国際溶接学会(IIW)について

国際溶接学会(IIW)について

1.IIWは第2次大戦後,欧州の疲弊した国土に産業を復興させるため,あらゆる産業の基盤技術である溶接技術の普及・発展を目指し,1948年に欧州経済協力機構の基金によって設立されました。

その後,UNESCO(国連教育科学文化機関)の提唱によって,1951年に設立されたNGO(民間団体)であるUATI(国際工学団体連合)に加盟しました。UATIはUNIDO(国際工業開発機構)およびECOSOC(国連の経済社会理事会)から諮問機関としての地位も得ています。

IIWはUATIの一員として国際貢献すると共に,IIWのRegional Congress (地域会議)を通して,発展途上国に対しても基盤技術である溶接技術の普及・支援活動を積極的に行っております。

また,ISO及びIECより認められている数少ない溶接関係の国際規格原案作成団体として,世界貿易の円滑な運営にも貢献してきています。


2.日本は,1952年に(社)溶接学会及び(財)熔接研究所がIIWに加入し会員国となり,その後1955年に日本学術会議が,1962年に(社)日本溶接協会が加盟しましたが,1973年に加盟団体を整理して日本学術会議及び日本溶接会議(日本溶接協会と溶接学会で構成)の二団体加盟とし現在に至っています。

 日本はIIWに加盟することによって国際的な技術交流活動を通して,第二次大戦後造船工業をはじめとする生産技術立国としての世界における地位を確保することができました。


3.IIWの組織

(1)事務局本部:

 仏国溶接学会本部内:Institute International de la Soudure,Paris France
 (以前、事務局の総務担当は英国ロンドンに、技術担当は仏国パリにあったが、組織の簡素化を目指し1996年1月より仏国に統合されることになった)

(2)活動の目的  

  • (a)溶接に関する技術向上ならびにその普及を図る。
  • (b)学術的及び技術的情報の提供
  • (c)溶接規格の制定ならびにISOへの対応(IIWはISO/TC44で溶接関係の規格原案作成機関として特に認められている)

  • (3)会員:学術的溶接研究及び溶接生産加工技術に関連する団体(非営利団体に限る)

    (4)運営資金:各国メンバ-から支払われる会費


    4.IIWのこれまでの年次大会の状況
     なお、日本よりのIIW会議への出席(これまでの実績)は、以下の通り。
      (1)年次大会(年1回)    50~90名
      (2)中間会議(年1回)    約10名


    5.IIWの年次大会の日本での開催状況
      (1)第22回(1969年)於:京都
      (2)第39回(1986年)於:東京
      (3)第57回(2004年)於:大阪