│日本溶接協会(JWES)のページへ│

日本溶接会議(JIW)について

日本溶接会議(JIW)について

1.JIWは我が国が1953年国際溶接学会(IIW)に加盟した直後、国内の対応組織として設立された。
 その後日本学術会議がIIWに加盟したため一時廃止され日本学術会議溶接研究連絡委員会の協力機構の立場になった時期もあったが、1966年日本学術会議から独立し現在にいたっている。


2.JIWの運営は(一社)日本溶接協会と(一社)溶接学会が共同で当たっている。
 なお、国際対応を産業界、学会及び協会を挙げてより積極的に対応するために、(一社)日本溶接協会に事務局を委託している。


3.JIWの事業内容については下記の通り

  (1)IIWの対応
     ・日本代表理事の推薦、各委員会日本代表の推挙
     ・年次大会出席に関する事項の処理
     ・関連行事の主催または後援
     ・関係経費の処理

  (2)海外活動全般
     ・海外情報の収集並びに活用
     ・我が国の溶接技術及び溶接事業に関する海外への紹介
     ・国際協同事業の主催または協力

  (3)溶接界発展のための事業
     ・溶接学会と日本溶接協会が共同して推進する事業
     ・事業テーマは、共同企画委員会で溶接界に大きなアドバンテージを与えるものを選定する