手溶接(アーク溶接・ガス溶接)

1.手溶接技能者資格の種類

溶接
方法
資格の
級別
資格の
種類記号
溶接姿勢試験材料の種類、
厚さ区分
溶接継手の
区 分
開先
形状
基本級 N-1F 下向 炭素鋼板/薄板 板の突合せ
溶 接
I 形
又は
V形
なし
専門級 N-1V 立向
N-1H 横向
N-1O 上向
N-1P 水平・鉛直固定 炭素鋼管/薄肉管 管の突合せ
溶 接
基本級 A-2F 下向 炭素鋼板/中板 板の突合せ
溶 接
V形
(レ形
も可)
あり
専門級 A-2V 立向
A-2H 横向
A-2O 上向
A-2P 水平・鉛直固定 炭素鋼管/中肉管 管の突合せ
溶 接
基本級 N-2F 下向 炭素鋼板/中板 板の突合せ
溶 接
V形
(レ形
も可)
なし
専門級 N-2V 立向
N-2H 横向
N-2O 上向
N-2P 水平・鉛直固定 炭素鋼管/中肉管 管の突合せ
溶 接
基本級 A-3F 下向 炭素鋼板/厚板 板の突合せ
溶 接
V形
(レ形
も可)
あり
専門級 A-3V 立向
A-3H 横向
A-3O 上向
A-3P 水平・鉛直固定 炭素鋼管/厚肉管 管の突合せ
溶 接
基本級 N-3F 下向 炭素鋼板/厚板 板の突合せ
溶 接
V形
(レ形
も可)
なし
専門級 N-3V 立向
N-3H 横向
N-3O 上向
N-3P 水平・鉛直固定 炭素鋼管/厚肉管 管の突合せ
溶 接
基本級 T-1F 下向 炭素鋼板/薄板 板の突合せ
溶 接
I 形
又は
V形
なし
専門級 T-1V 立向
T-1H 横向
T-1O 上向
T-1P 水平・鉛直固定 炭素鋼管/薄肉管 管の突合せ
溶 接
基本級 C-2F 下向 炭素鋼板/中板 板の突合せ
溶 接
V形
(レ形
も可)
なし
専門級 C-2V 立向
C-2H 横向
C-2O 上向
C-2P 水平・鉛直固定 炭素鋼管/中肉管 管の突合せ
溶 接
基本級 C-3F 下向 炭素鋼板/厚板 板の突合せ
溶 接
V形
(レ形
も可)
なし
専門級 C-3V 立向
C-3H 横向
C-3O 上向
C-3P 水平・鉛直固定 炭素鋼管/厚肉管 管の突合せ
溶 接
基本級 G-1F 下向 炭素鋼板/薄板 板の突合せ
溶 接
I 形
又は
V形
なし
専門級 G-1V 立向
G-1H 横向
G-1O 上向
G-1P 水平・鉛直固定 炭素鋼管/薄肉管 管の突合せ
溶 接

2.手溶接技能者資格の受験資格

資格の級別受験資格
各種類の基本級1ヵ月以上溶接技術を習得した15歳以上の者 (注)
各種類の専門級3ヵ月以上溶接技術を習得した15歳以上の者で、 各専門級に対応する基本級の資格を所有する者

(注) ガス溶接受験者は、労働安全衛生法にもとづく「ガス溶接技能講習」修了者であること。また、アーク溶接については、労働安全衛生法にもとづく「アーク溶接等の特別教育」を修了していることが望ましい。

3.評価試験の内容

(1) 学科試験
  はじめて受験するときは、学科試験があります。出題内容は、次の分野です。

    a)溶接の一般知識 b)溶接機の構造と操作 c)鉄鋼材料と溶接材料
    d)溶接施工 e)溶接部の試験と検査 f)溶接作業での安全衛生

    なお、ガス溶接については、ガス溶接技能講習修了者を受験資格としているので、学科試験は免除されます。

(2) 実技試験
  試験は、JIS Z 3801にもとづいて行い、外観試験及び曲げ試験により評価します。

4.研修テキスト

新版JIS手溶接受験の手引き 日本溶接協会出版委員会編(産報出版株式会社)