溶接技能者資格について

溶接技能者資格について


 溶接技能者の技量は、溶接の対象となる構造物などの品質を左右する重要な要素であり、溶接技能者の資格は、構造物などの製作にあたり適用法規、発注仕様書などによって要求されています。
 日本溶接協会では、JIS、WESなどの検定試験規格にもとづいて評価試験を全国各地で行い、資格認証しています。

実技試験(名古屋会場にて)

日本溶接協会の溶接技能者資格には、対象材料と溶接方法によって区分された次の資格があります。

溶接技能者の資格

資格の名称対象材料溶接方法適用規格
手溶接
(アーク溶接)
炭素鋼被覆アーク溶接JIS Z 3801:手溶接技術検定における試験方法
及び判定基準

WES 8201:手溶接技術者の資格認証基準
ティグ溶接
ティグ溶接と
被覆アーク溶接との
組 合 せ
手溶接
(ガス溶接)
炭素鋼ガス溶接
半自動溶接炭素鋼マグ溶接JIS Z 3841:半自動溶接技術者検定における
試験方法及び判定基準

WES 8241:半自動溶接技術者の資格認証基準
ティグ溶接とマグ溶接
との組合せ
セルフシールドアーク
溶 接
ステンレス鋼
溶 接
ステンレス鋼被覆アーク溶接JIS Z 3821:ステンレス鋼溶接技術検定における
試験方法及び判定基準

WES 8221:ステンレス鋼溶接技術者の
資格認証基準
ティグ溶接
ティグ溶接と
被覆アーク溶接との
組 合 せ
ミグ溶接又はマグ溶接
チタン溶接チタン
チタン合金
ティグ溶接JIS Z 3805:チタン溶接技術検定における
試験方法及び判定基準

WES 8205:チタン溶接技術者の資格認証基準
ミグ溶接
プラスチック
溶 接
塩化ビニル
ポリエチレン
ポリプロピレン
ホットジェット溶接JIS Z 3831:プラスチック溶接技術検定における
試験方法及び判定基準

WES 8231:プラスチック溶接技術者の
資格認証基準
銀ろう付ステンレス鋼
炭素鋼
トーチろう付JIS Z 3891:銀ろう付技術検定における試験方法
及び判定基準

WES 8291:銀ろう付技能者の資格認証基準
すみ肉溶接炭素鋼被覆アーク溶接WES 8101:すみ肉溶接技能者の資格認証基準
PC工法溶接異形棒鋼被覆アーク溶接
マグ溶接
WES 8105:PC工法溶接技能者の資格認証基準
基礎杭溶接炭素鋼管被覆アーク溶接WES 8106:基礎杭溶接技能者の資格認証基準
マグ溶接
セルフシールドアーク
溶 接
石油工業溶接高張力鋼
耐熱鋼
ステンレス鋼
被覆アーク溶接JPI-7S-31-2007:溶接士技量検定基準
(石油工業関係)
ティグ溶接
ティグ溶接と
被覆アーク溶接との
組 合 せ


溶接技能者評価試験に係る各料金の一覧

消費税率5%の一覧と8%の一覧をそれぞれ掲載します。溶接技能者認証制度としては、消費税率が8%に引き上げられるのに応じ、各料金を改定します。新しい料金の適用開始時期は次のとおりです。

(1)受験料金:2014年4月1日以降実施分より消費税8%での新料金を適用します。

(2014年3月31日以前の申込みであっても新料金を適用します。)


(2)認証料金、学科証明書料金:2014年4月1日以降の判定分より新料金を適用します。

(3)上記以外の料金:2014年4月1日以降受付分より新料金を適用します。


消費税5%の料金表(PDFファイル)

消費税8%の料金表(PDFファイル)