実装工程技術者資格


新設 実装工程技術者 資格(APE)の概要
 

 新設から3年を経過した「実装工程管理技術者(PEG)」に関して、改めて要員認証の対象となる自動実装ラインの管理者に求められる知識及び職務能力について、セミナー参加者及び催事参加者からアンケート調査を行ったところ、マイクロソルダリングの基礎的知識及び設備・工程管理に関する知識のみを要件とする、自動実装ラインの作業者を対象とした要員認証の要望があり、「実装工程管理技術者」の下位資格となる「実装工程技術者」を平成28年度より新設することとなりました(実装工程管理技術者(PEG)に関しては、PEG項にて改正事項をご案内しております)。下表に実装工程技術者(APE)の概要を記載致します。
 名   称実装工程技術者 (略称:APE:Assembly Process Engineer)
    任務と責任マイクロソルダリング実装工程における設備・実装工程管理など
 知識および職務能力 マイクロソルダリング技術に関する十分な実務経験と実装機器及びその工程管理に関する知識
 受験条件 満18歳以上で経験6か月以上
評価試験の内容
(免除)
基礎学科試験
マイクロソルダリングの原理、フラックスの働き、電子部品の種類,検査,品質,安全性などの基礎的知識の確認(他資格保有で免除)
筆 記 試 験
設備・工程管理に関する知識の確認

面 接 試 験

工程管理の実施能力に関する確認(実装工程管理セミナーの修了レポート合格で免除)
評価試験の実基礎学科試験:毎月(筆記試験と同日は7月、1月)
筆 記 試 験:7月、1月(年2回、実施日は受験案内で確認)
面 接 試 験:8月、2月(年2回、実施日は受験案内で確認)
受験料基礎学科試験:3,000円(税抜)、筆記試験:16,000円(税抜)、
面接試験:15,000円(税抜)
合否判定受験条件に規定する受験条件を満足し、かつ、筆記試験(基礎学科試験、実装工程 筆記試験)及び面接試験で所定の点数以上を得た者
新規登録料9,000円(税抜、認証日は6/1および12/1)
認定証の有効期間
(登録期間)
2年(サーベイランスを1回実施:最長4年の登録期間)
サーベイランス
(継続手続き)
当協会から有効期間満了前40日以内に送付した申請書類による,業務従事証明を確認
サーベイランス料2,000円(税抜)
更新審査有効期間満了前6か月以内に書類審査(業務従事証明及びレポート)
更新審査料書類審査:12,000円(税抜)
更新登録料4,000円(税抜)
☆実装工程技術者向けセミナー及び筆記試験 受験 案内の取り寄せはこちら(PDF形式)

参考①:実装工程管理技術者(PEG)と実装工程技術者(APE)の資格概要比較
※画像をクリックすると、拡大画面で確認ができます




参考②:その他のマイクロソルダリング技術資格保有者の取得条件
※画像をクリックすると、拡大画面で確認ができます