Atomic Energy Research Committee

PFM小委員会活動

確率論的破壊力学(Probabilistic Fracture Mechanics : PFM)とは、破壊力学理論に確率論   (Probabilistic theory)を導入し、破壊するかどうかを破壊確率(fracture probability)として評価する学術体系である。
  PFM解析技術は、すでに諸外国では安全規制や保全の最適化等に適用されている。一方、国内では、諸外国におけるPFM解析やリスク情報を活用した規制基準に対して、将来的なリスク情報活用の方向性が示された例があるものの、具体的な活用方策については、まだ現実的な議論に至っていない。しかし、今後、PFM解析技術の活用が原子炉施設等の安全確保により重要な意味を持つと考えられる。システムの安全性を評価する上で、個別機器の健全性や機能の経年等による低下を定量的に評価するPFM解析技術は、今後積極的に開発や整備、そして活用を目指すべき重要な技術である。
(一社)日本溶接協会では、原子力構造機器の健全性評価におけるPFMの有用性にいち早く着目し、1987年よりPFM関連技術の調査および応用研究を進めてきた。特に1996年から現在まで、当協会原子力研究委員会内にPFM小委員会を設置し、「原子力構造機器信頼性評価への確率論的破壊力学の適用法に関する調査研究」を進めている。そこで得られた成果は、国内外の学術講演会や学術誌に精力的に発表されており、当小委員会と当小委員会に参加するメンバーは、日本におけるPFM解析技術に係る研究開発の中核として位置づけられるのみならず、世界的にも最も先進的なPFM研究グループの一つとして注目されている。

【委員会内容】
・委員会 年4~5回
・年間費 150,000円(税別)
・問合せ先
一般社団法人 日本溶接協会 業務部 PFM小委員会 事務局
TEL:03-5823-6324


「原子炉圧力容器を対象とした確率論的破壊力学に基づく健全性評価に関する標準的解析要領」
安全上必要な機器の1つである原子炉圧力容器(RPV)に対する健全性評価に関して事象の発生頻度、破壊靭性、中性子照射脆化等の評価に用いる変数の統計的な不確実さを考慮して、RPVの破損頻度を求める確率論的破壊力学(PFM)評価に関する研究開発等が近年国内外で精力的に進められています。国内では、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構において、PFM 解析コードPASCAL(PFM Analysis of Structural Components in Aging LWR)や、国内のモデルRPVに対する破損頻度評価を行うための要領や手法・データを取りまとめた、標準的解析要領の整備が進められています。

 

原子炉圧力容器を対象とした確率論的破壊力学に基づく健全性評価に関する標準的解析要領については、下記 国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構のHPよりご確認下さい。
https://www.jaea.go.jp/04/anzen/group/sirg/pfm.html

http://dx.doi.org/10.11484/jaea-research-2016-022