Special Materials Welding
Research Committee

委員長挨拶、入会のご案内

入会のご案内

ご入会のご希望の方はこちらから入会申込書をダウンロード願います

ファイルをダウンロード

委員長挨拶

委員長挨拶(60周年記念史より)
特殊材料溶接研究委員会委員長 西本 和俊 氏 (大阪大学 名誉教授)
 
 
 特殊材料溶接研究委員会の設立60 周年の節目を迎えるにあたりまして、ご挨拶申し上げます。
 
 本委員会が設立された昭和28年は丁度、戦後の動乱がやっと収まり、造船、重工業を中心とした興国の産業が復興し始めた時期であります。その後、鉄鋼業、重工業を中心とした産業の興隆はめざましく、高度成長期を経て我が国をGDP 世界第2 位の経済大国に押し上げるまでに至ったのは周知の通りであります。ここで注目すべきは、汎用材の鉄鋼材料及びそれを用いた大量生産、高能率生産に衆目が集まっていた時期に、あえて需要が少なかった特殊合金の溶接を対象とした本研究委員会が設立された点であります。現在では必然である製品の高付加価値化にこの時期に着目し、特殊合金の溶接に関する研究委員会を発足させた初代委員長の岡田 實先生はじめ、創設期の委員の方々の慧眼に改めて敬意を表したいと思います。

 その後、石井委員長、新委員長、中尾委員長と歴代の委員長の下、本委員会ではステライト合金、チタンやジルコニウム合金、耐食、耐熱超合金など絶えずその時代の先端的な材料の溶接を取り上げ、研究発表や技術情報交換を続けてきました。これらの成果はそれぞれの材料の溶接作業標準としてまとめられ、さらには、WESやJIS の原案に採用されております。また、本委員会は学識及び経験豊富な幹事・委員に恵まれ、これらの方々のご尽力により「耐熱材料の溶接ガイドブック」、「金属材料溶接施工データ集」「ステンレス鋼溶接のトラブル事例集」や最近では「スーパーアロイの溶接」などの特殊材料の溶接に関する専門書を出版してまいりました。 特に近年は、本委員会では特殊合金の溶接技術の普及や技術伝承が重要であると位置づけ、これらの書籍をテキストとして「ステンレス鋼の溶接」や「スーパーアロイの溶接」に関する講習会の開催を全国各地で積極的に進め、人材育成や啓発活動にも努めております。

 一方、本委員会の対象材料の特殊性から公官庁や政府関連の事業団から国家プロジェクトに関連した事業の溶接研究の委託を受け、派生して設立された委員会もいくつかあります。科学技術庁から委託を受けた再処理施設関連の異材接合研究を対象とした「異材接合部耐食安全性実証試験委員会」や宇宙開発事業団からの委託を受けた「宇宙機溶接技術研究委員会」などであり、それぞれが国家プロジェクトの推進に寄与致しました。

 最近はグローバル化が加速される状況の中で製造業を取り巻く環境は大きく変化してきております。すなわち、素材の海外調達や製造拠点の海外移転さらには部品製作・加工など製造の要素技術単位での海外発注などが進んでおり、溶接技術など我が国が誇りとしてきた高度な生産基盤技術の維持やさらにはその発展に影を投げかける傾向があるのは否めません。しかしながら、苛烈化がすすむ国際大競争時代を我が国が生き残るためには、今後も高度生産技術に裏付けられた高付加価値製晶の製造を押し進めることが必要であり、このためには溶接分野においても高精度化、高性能化や難接合性の材料の溶接技術の確立などの推進が不可欠であると考えられます。また、成熟化した社会でのモノづくりとして既存設備の補修や延命に用いる溶接技術の高度化も重要な課題となってきています。これらはいずれも本委員会が主たる活動範囲としてきた分野であり、今後も特殊材料溶接研究委員会の使命の重要度が増すものと認識しております。

 委員会設立60 周年の節目にあたり、先達の方々が努力してこられたこれまでの足跡を尊重しつつ、新たな時代に向けての「特殊材料溶接」の技術の発展に精進せんと意を新たにしている次第であります。今後とも、ご支援、ご鞭撻賜りますよう心からお願い申し上げます。