Standardization Committee

お知らせ

鉄系FSW規格検討小委員会の委員公募について

 IIW(国際溶接学会)の C-III-B(Solid-State Processes)/WG-B6 では、鉄系 FSW(摩擦かくはん溶接)の ISO 原案を作成中です。これを受けて、日本国内の審議委員会として、2022 年 4 月から規格委員会の下に、『鉄系 FSW 規格検討小委員会』を設置しました。鉄鋼 3 社及び装置メーカ 2 社の計 5 社にて活動を開始しております。
 今後、IIW において、本格的に規格作りが始まりますと、欧米主導で国際規格作成が行われていくことが予想され、これまで国内で、各社ごとに行われていた技術基準が反映されない可能性が高くなります。
 そこで、国内のエンドユーザ様と関心のある企業様にご参画いただき、我が国として積極的にはたらきかけていき利便性の高い ISO 制定に向けて努めていくことが肝要と考えます。
 つきましては、ISO の国内対応委員会としてサポートできるよう、下記の通り、小委員会メンバーを公募致します。 多くの企業・機関様にご参加頂き、ご意見を賜りたいと存じますので、ご検討のほどよろしくお願い致します。

  • 委員会名称: 規格委員会 鉄系FSW規格検討小委員会
  • 参加資格:
      ①:JWES団体会員企業・機関、若しくは、JWES学識会員を対象とします。
      ②:非会員の場合は、参加費(年会費1万円+税)をご請求申し上げます。
  • 活動期間:2022年9月から2024年3月まで(進捗状況に応じて、以降、更新があります)
  • 開催頻度:概ね3ヶ月に1回程度の会議 + その他 e-mail による意見交換等
  • 活動内容:IIW(国際溶接学会)の C-III-B(Solid-State Processes)/WG-B6において審議される「鉄系FSWのISO原案」に対する日本国内での審議・提案。
  • 参 考:想定される主な規定内容
      ① 「用語及び接合接手の設計」
      ② 「品質要求事項」
      ③ 「接合施工要領」
      ④ 「接合要員」
  • お申し込み方法:「鉄系FSW規格検討小委員会 参加企業・機関募集について」の2ページ目の参加申込書に必要事項をご記入し、JWES事務局までご送付ください。

WES 9009-2改正のお知らせ(2022.7.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)を改正いたします。

①WES 9009-2, 溶接,熱切断及び関連作業における安全衛生 第2部:ヒューム及びガス
以上1件

改正年月日:2022年7月1日

※改正されたWESは以前のWESに代えて公開します。改正年月日以降,次のリンク先からWES番号を検索の上,閲覧することができます。

http://www-it.jwes.or.jp/wes_ki/wes.jsp?ky=9009-2

以上

WES 1112(英訳版)改正のお知らせ(2022.3.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)の英訳版が発行されましたので、お知らせいたします。

①WES 1112 Method for ultrasonic fatigue testing in metallic material
以上1件

発行年月日:2022年3月1日

※発行年月日については、英訳のもとになったWESの年月日となります。
※発行されたWES英訳版は以前のWESに代えて公開します。発行年月日以降,次のリンク先からWES番号を検索の上,閲覧することができます。

http://www-it.jwes.or.jp/wes_ki/wes.jsp?ky=1112

以上

WES 6603改正のお知らせ(2021.12.28)

下記の日本溶接協会規格(WES)を改正いたします。

①WES 6603, アイトレーサ式ガス切断機の精度検査
以上1件

改正年月日:2022年1月1日

※改正されたWESは以前のWESに代えて公開します。改正年月日以降,次のリンク先からWES番号を検索の上,閲覧することができます。

http://www-it.jwes.or.jp/wes_ki/mokuroku.jsp

以上

WES 1109,8101,8102,8106,8201,8205,8221,8231,8241,8291改正のお知らせ(2021.9.29)

下記の日本溶接協会規格(WES)を改正いたします。

①WES 1109, 溶接継手のCTOD試験方法
②WES 8101, すみ肉溶接技能者の資格認証基準
③WES 8102, 溶接士技量検定基準(石油工業関係)
④WES 8106, 基礎杭溶接技能者の資格認証基準
⑤WES 8201, 手溶接技能者の資格認証基準
⑥WES 8205, チタン溶接技能者の資格認証基準
⑦WES 8221, ステンレス鋼溶接技能者の資格認証基準
⑧WES 8231, プラスチック溶接技能者の資格認証基準
⑨WES 8241, 半自動溶接技能者の資格認証基準
⑩WES 8291, 銀ろう付技能者の資格認証基準
以上10件

改正年月日:2021年10月1日

※改正されたWESは以前のWESに代えて公開します。改正年月日以降,次のリンク先からWES番号を検索の上,ご確認することができます。
http://www-it.jwes.or.jp/wes_ki/mokuroku.jsp

以上

JSA WebdeskでWESのダウンロード販売開始しました(2021.9.10)

【お知らせ】
日本溶接協会規格(WES)のPDF版について、日本規格協会グループのJSA Webdesk(外部サイトへリンク)でダウンロード販売を始めました。
PDF版の購入にご利用ください。
ただし、JSA Webdeskでは当文献オンラインの会員割引は適用になりません。
※当文献オンラインは、冊子版のみの販売となります。
以上

WES 8208, 8209, 8210, 8218改正のお知らせ(2021.2.25)

下記の日本溶接協会規格(WES)を改正いたしますので,お知らせします。

①WES 8208, 電気事業法に基づく溶接士技能確認試験基準(発電用火力設備 民間製品認証非適用)
②WES 8209, 電気事業法に基づく溶接士技能認証試験基準(発電用火力設備 民間製品認証適用)
③WES 8210, 原子炉等規制法に基づく溶接士技能認証試験基準(原子力施設)
④WES 8218, 電気事業法及び原子炉等規制法に基づく溶接施工法確認,認証試験基準
改正年月日:2021年3月1日

※改正されたWESは以前のWESに代えて公開します。改正年月日以降,次のリンク先からWES番号を検索の上,ご確認することができます。
http://www-it.jwes.or.jp/wes_ki/mokuroku.jsp

以上

WES 2005, 5602廃止のお知らせ(2020.12.23)

下記の日本溶接協会規格(WES)を廃止いたしますので,お知らせいたします。

①WES 2005, 鋼溶接部の非破壊試験施工方法の確認試験方法
②WES 5602, ろう付用フラックス
廃止年月日:2021年1月1日

廃止理由:
①当協会及び関係団体に対して,本規格の適用調査を行った結果,使用実績がないことが判った。
また,溶接構造物などに対する適用法規(消防法,高圧ガス保安法など)においては,指定される試験方法を適用して実施しており,本規格の適用もない。
本規格に規定されている各種試験方法の対応関連規格及びそれらの内容を盛り込んだ改正もされてなく,最近の技術的内容も包含されていないことから廃止する。
一方,鋼溶接部の非破壊試験に関連する適用通則(WES 2004)については、同様の理由から2016 年から廃止している。

②本規格は制定したものの現場での使用実績が多くない状況である。また本年、ろう付
用フラックスに関するISO 18496 が発行されたが、こちらの方が実用的との評価が得られて
いる。両者の内容は異なっており、放置すると現場の混乱を招く可能性があるため、廃止とする。
以上

WES 8703, 8704改正のお知らせ(2020.10.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)を改正いたしますので,お知らせします。

①WES 8703,建築鉄骨溶接ロボットの型式認証における試験方法及び判定基準
②WES 8704,建築鉄骨溶接ロボットの型式認証基準
改正年月日:2020年10月1日

※改正されたWESは以前のWESに代えて公開します。改正年月日以降,次のリンク先からWES番号を検索の上,ご確認することができます。
http://www-it.jwes.or.jp/wes_ki/mokuroku.jsp

以上

WES 7301改正のお知らせ(2020.7.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)を改正いたしますので,お知らせします。

①WES 7301,スポット溶接作業標準(低炭素鋼及び低合金鋼)
改正年月日:2020年7月1日

※改正されたWESは以前のWESに代えて公開します。改正年月日以降,次のリンク先からWES番号を検索の上,ご確認することができます。
http://www-it.jwes.or.jp/wes_ki/mokuroku.jsp

以上

WES 8110, 8111改正のお知らせ(2020.3.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)を改正いたしますので,お知らせいたします。

①WES 8110 建築鉄骨ロボット溶接オペレータの技術検定における試験方法及び判定基準
②WES 8111 建築鉄骨ロボット溶接オペレータの資格認証基準

改正年月日:2020年3月1日

※改正されたWESは以前のWESに代えて公開します。改正年月日以降,次のリンク先からWES番号を検索の上,ご確認することができます。
http://www-it.jwes.or.jp/wes_ki/mokuroku.jsp

以上

WES 6104廃止のお知らせ(2020.2.20)

下記の日本溶接協会規格(WES)を廃止いたしますので,お知らせいたします。

①WES 6104, 垂下特性形バッテリ式直流アーク溶接機

廃止年月日:2020年2月20日

廃止理由:公示されたJIS C 9300-1:2020 が同様の内容を適用範囲に入れており、重複するため。
以上

WES 8208, 9009-3改正のお知らせ(2020.1.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)を改正いたしますので,お知らせいたします。

①WES 8208 電気事業法に基づく溶接士技能確認試験基準(発電用火力設備 民間製品認証非適用)
②WES 9009-3 溶接,熱切断及び関連作業における安全衛生 第3部:有害光

改正年月日:2020年1月1日


※新たなWESは,改正年月日以降,次のリンク先からWES番号を検索の上,ご確認することができます。
http://www-it.jwes.or.jp/wes_ki/mokuroku.jsp

以上

WES 8103(英訳版):2019 発行のお知らせ(2019.10.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)の英訳版が発行されましたので、お知らせいたします。



【英訳WES発行】
WES 8103 Standard for Certification of Welding Coordinators

改正年月日:2019年1月1日
※改正年月日については、英訳のもとになったWESの年月日となります。

WES規格のページから閲覧できます。

以上

WES 8209及び8210制定, 8218改正のお知らせ(2019.10.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)を制改正することをお知らせいたします。

【制定】
WES 8209(電気事業法に基づく溶接士技能認証試験基準(発電用火力設備 民間製品認証適用))
WES 8210(原子炉等規制法に基づく溶接士技能認証試験基準(原子力施設))

【改正】
WES 8218(電気事業法及び原子炉等規制法に基づく溶接施工法確認試験基準)

制定・改正年月日:2019年10月1日
以上

WES 2015, 8201, 8221, 8241改正のお知らせ(2019.7.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)を改正することをお知らせいたします。

【改正】
WES 2015(ジルコニウム溶接継手の放射線透過試験方法)
WES 8201(手溶接技能者の資格認証基準)
WES 8221(ステンレス鋼溶接技能者の資格認証基準)
WES 8241(半自動溶接技能者の資格認証基準)

改正年月日:2019年7月1日
以上

WES 7700-1~4改正のお知らせ(2019.6.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)を改正いたしましたので、お知らせいたします。

【改正】
①WES 7700-1:2019(圧力設備の溶接補修 第1部:一般)
②WES 7700-2:2019(圧力設備の溶接補修 第2部:きず除去と肉盛溶接補修)
③WES 7700-3:2019(圧力設備の溶接補修 第3部:窓形溶接補修)
④WES 7700-4:2019(圧力設備の溶接補修 第4部:外面当て板溶接補修)

改正年月日:2019年6月1日
以上

 

WES 2808(英訳版)改正のお知らせ(2018.3.27) 

下記の日本溶接協会規格(WES)の英訳版が発行されましたので、お知らせいたします。



【英訳WES発行】
WES 2808 Method of assessing brittle fracture in steel
weldments subjected to large cyclic and
dynamic strain

改正/発行年月日:2017年7月1日
※改正年月日については、英訳のもとになったWESの年月日となります。

WES規格のページから閲覧できます。

以上

WES 8103, 8110, 8111, 9009-5, 9009-6 改正のお知らせ(2019.1.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)を改正いたしましたので、お知らせいたします。

①WES 8103 溶接管理技術者認証基準
②WES 8110 建築鉄骨ロボット溶接オペレータの技術検定における試験方法及び判定基準
③WES 8111 建築鉄骨ロボット溶接オペレータの資格認証基準
④WES 9009-5 溶接,熱切断及び関連作業における安全衛生―第5部:火災及び爆発
⑤WES 9009-6 溶接,熱切断及び関連作業における安全衛生―第6部:熱,騒音及び振動

改正年月日:2019年1月1日

以上

WES 9009-3改正のお知らせ(2018.7.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)を改正いたしましたので、お知らせいたします。

【改正】
①WES 9009-3 溶接,熱切断及び関連作業における安全衛生 第3部:有害光

改正年月日:2018年7月1日

以上

WES 8701改正,WES 8705 / 8706廃止のお知らせ(2018.3.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)を改廃いたしますので、お知らせいたします。

【改正】
①WES 8701 溶接構造物非破壊検査事業者等の認定基準

改正年月日:2018年3月1日


【廃止】
①WES 8705 非破壊検査事業者の認定に関する指針
②WES 8706 溶接構造物非破壊検査事業者等における要員登録基準

廃止理由:
2003年10月に(公財)日本適合性認定協会(JAB)との共同開発スキームとして、ISO 17025(JIS Q 17025)に基づく試験所認定制度を発足させた。
ISO 17025(JIS Q 17025)基づく認定制度を導入するにあたって、ISO 17025(JIS Q 17025)に付加する補足を規定した規格として, WES 8705および8706を制定した。
しかし、ISO/IEC 17011「適合性評価―適合性評価機関を認定する認定機関に対する一般要求事項」が制定され、JABと当協会の共同認定が認められなくなり、JABとの契約を解消したことから、認定制度が継続できなくなり、WES 8705および8706が不要となった。

廃止年月日:2018年3月1日

以上

WES 1112(英訳版)発行のお知らせ(2018.2.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)の英訳版が発行されましたので、お知らせいたします。



【英訳WES発行】
WES 1112 Standard method for ultrasonic fatigue test in metallic materials

発行年月日:2017年3月1日
※発行年月日については、英訳のもとになったWESの年月日となります。

以上

WES 8107(英訳版)改正のお知らせ(2017.10.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)の英訳版が発行されましたので、お知らせいたします。



【英訳WES発行】
WES 8107 Standard for certification of welding practitioner

改正/発行年月日:2017年1月1日
※改正年月日については、英訳のもとになったWESの年月日となります。

以上

WES 2808, 6601, 8101改正・WES2021廃止のお知らせ(2017.7.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)を改廃いたしましたので、お知らせいたします。

【改正】

①WES 2808 動的繰返し大変形を受ける溶接鋼構造物のぜい性破壊性能評価方法
②WES 6601 数値制御切断機の精度検査
③WES 8101 すみ肉溶接技能者の資格認証基準
※WES 8101:2017による制度運用の開始時期について

改正年月日:2017年7月1日


【廃止】
①WES 2021 鋼板の突合せ溶接継手の超音波斜角探傷試験方法及び試験結果の等級分類方法

廃止理由:
溶接部の検査を実施する場合、検出すべき欠陥に合わせて探傷条件を設定することは、検査を設計する際の基本であると考えられます。
WES 2021の有無に関わるものではありませんし、また、WES 2021の廃止はこの考え方を否定するものではありません。
WES 2021
は制定後30年を経過し、超音波探傷検査手順を組み立てる際の基本的な考え方の普及という役割は十分に果たしてきたものと考え、また、現実に超音波検査手順にWES 2021が引用されていないとの指摘もあり、廃止することとなりました。
なお、
WES 2021廃止後もこの考え方に沿って検査手順を組み立てることは、何ら差し支えるものではありません。

廃止年月日:2017年7月1日

以上

WES 7303 改正のお知らせ(2017.6.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)を改正しましたので、お知らせいたします。



WES 7303 スポット溶接作業標準 - ステンレス鋼

改正年月日:2017年6月1日

以上

WES 8103(英訳版)発行のお知らせ(2017.4.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)の英訳版を発行いたしましたので、お知らせいたします。



【英訳WES発行】
WES 8103 Standard for Certification of Welding Coordinators

発行年月日:2017年4月1日発行(2016年6月1日分)

WES 1112制定のお知らせ(2017.3.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)を制定しましたので、お知らせいたします。



【制定】
WES 1112 金属材料の超音波疲労試験方法

制定/発行年月日:2017年3月1日

WES 8107, 8703, 8704 改正・WES 1108(英訳版)発行のお知らせ(2017.1.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)を改正し、また英訳版の発行もございましたので、お知らせいたします。



【改正】
①WES 8107 溶接作業指導者認証基準
②WES 8703 建築鉄骨溶接ロボットの型式認証における試験方法及び判定基準
③WES 8704 建築鉄骨溶接ロボットの型式認証基準

【英訳WES発行】
①WES 1108 Standard test method for crack-tip opening displacement (CTOD) fracture toughness measurement

改正/発行年月日:2017年1月1日

WES4101, 4102, 5602, 8205, 8221, 8231, 8291改正・WES2004廃止のお知らせ(2016.10.1)

下記の日本溶接協会規格(WES)を改正・廃止しましたので、お知らせいたします。

【改正】

①WES 4101 超高張力鋼用被覆アーク溶接棒
②WES 4102 すみ肉溶接用被覆アーク溶接棒
③WES 5602 ろう付用フラックス
④WES 8205 チタン溶接技能者の資格認証基準
⑤WES 8221 ステンレス鋼溶接技能者の資格認証基準
⑥WES 8231 プラスチック溶接技能者の資格認証基準
⑦WES 8291 銀ろう付技能者の資格認証基準

改正年月日:2016年10月1日

 

 【廃止】

①WES 2004 鋼溶接部の非破壊試験適用通則

廃止理由:
主として、発電所又は石油精製プラントの製造工程などにおける非破壊検査に関して、当協会及び非破壊検査協会などに対して、本規格の使用実績調査を行った結果、ここ数年は使用実績がないことが判った。
また、溶接構造物などに対する適用法規(消防法、高圧ガス保安法、など)においては、指定される試験方法を適用して実施しており、本規格の適用もない。
一方、1986年以来、本規格に規定されている各種試験方法の対応関連規格番号及びそれらの内容を盛り込んだ改正もされてなく、最近の技術的内容も包含されていないことなどから廃止を判断した。

廃止年月日:2016年10月1日

WES 8701 改正のお知らせ(2016.7.1)

WES 8701 改正のお知らせ

 

WES 8701 溶接構造物非破壊検査事業者等の認定基準

 

改正年月日:2016年7月1日

WES 8103 ,8201 ,8241 ,9009-4 改正のお知らせ(2016.6.1)

下記4件の日本溶接協会規格(WES)を改正しましたので、お知らせいたします。

 

1.WES 8103 溶接管理技術者認証基準

2.WES 8201 手溶接技能者の資格認証基準

3.WES 8241 半自動溶接技能者の資格認証基準

4.WES 9009-4 溶接,熱切断及び関連作業における安全衛生 第4部:電撃及び高周波ノイズ


改正年月日:2016年6月1日

WES 8109 ,9009-2 改正のお知らせ(2016.3.1)

下記2件の日本溶接協会規格(WES)を改正しましたので、お知らせいたします。

 

1.WES 8109 マイクロソルダリング技術要員認証基準

2.WES 9009-2 溶接,熱切断及び関連作業における安全衛生 第2部:ヒューム及びガス
 

改正年月日:2016年3月1日

WES1108 改正のお知らせ

WES 1108 改正のお知らせ


WES 1108 亀裂先端開口変位(CTOD)試験方法
 

改正年月日:2016年1月1日

WES7601(全基連規準1513)改正のお知らせ

WES 7601(全基連規準1513) 改正のお知らせ


WES 7601(全基連規準1513) 基礎杭打設時における溶接作業標準
 

改正年月日:2015年10月1日

WES 0001 改正のお知らせ

WES 0001 改正のお知らせ


WES 0001 日本溶接協会規格作成基準
 

改正年月日:2015年7月1日

WES 8281 国際規格にもとづく溶接技能者の資格認証基準(規格群) 制定のお知らせ

WES 8281 国際規格にもとづく溶接技能者の資格認証基準(規格群) 制定のお知らせ

WES 8281-1 国際規格にもとづく溶接技能者の資格認証基準-第1部:総則
WES 8281-2 国際規格にもとづく溶接技能者の資格認証基準-第2部:標準溶接施工要領書による認証
WES 8281-3 国際規格にもとづく溶接技能者の資格認証基準-第3部:外観試験及びマクロ試験

制定年月日:2015年7月1日

WES-2820 制定のお知らせ

WES- 2820 制定のお知らせ

WES-2820 圧力設備の供用適性評価方法-減肉評価

制定年月日:2015年6月1日

WES-TS 2816 制定のお知らせ

下記の日本溶接協会規格(WES)を制定しましたので、お知らせいたします。

1.WES-TS 2816 プレス切欠き曲げ試験片を用いたぜい性亀裂アレストじん性簡易試験方法
2.WES-TS-2816 Simplified test method for brittle crack arrest toughness using press-notched bend specimen

制定年月日:2015年1月1日

WES改正のお知らせ

WES 改正のお知らせ
下記の日本溶接協会規格(WES)を改正しましたので、お知らせいたします。

(2014年10月16日承認)

【改正後】
WES 8103 :2014 Standard for certification of welding coordinator

【改正前】
WES 8103:2008 Standard for Certification of Welding Coordination Personnel

制定年月日:2014年1月1日

WES制定・改正・廃止のお知らせ

WES 制定・改正・廃止のお知らせ
下記の日本溶接協会規格(WES)を制定・改正・廃止しましたので、お知らせいたします。


【制定】
①WES 8208 発電設備等の溶接士技能確認試験基準(発電設備溶接評価委員会)
②WES 8218 発電設備等の溶接施工法確認試験基準(発電設備溶接評価委員会)

【改正】
①WES 8703 建築鉄骨溶接ロボットの型式認証における試験方法及び判定基準(建築鉄骨ロボット溶接オペレータ認証委員会)
②WES8704建築鉄骨溶接ロボットの型式認証基準(建築鉄骨ロボット溶接オペレータ認証委員会)


【廃止】
①WES 8217 発電設備用溶接施工法認証基準
②WES 8312 原子炉等規制法に基づく加工施設及び再処理施設における溶接施行法の確認試験実施基準
③WES 8313 原子炉等規制法に基づく試験研究の用に供する原子炉等における施行法の確認試験実施基準
④WES 8314 原子炉等規制法に基づく研究開発段階にある発電の用に供する原子炉における施行法の確認試験実施基準
⑤WES 8315 原子炉等規制法に基づく使用済燃料貯蔵施設における施行法の確認試験実施基準

⑥WES 8207 発電設備用溶接士資格認証基準
⑦WES 8302 原子炉等規制法に基づく加工施設及び再処理施設における手溶接による溶接を行う者の技能確認試験実施基準
⑧WES 8303 原子炉等規制法に基づく試験研究の用に供する原子炉等における手溶接による溶接を行う者の技能確認試験実施基準
⑨WES 8304 原子炉等規制法に基づく研究開発段階にある発電の用に供する原子炉における手溶接による溶接を行う者の技能確認試験実施基準
⑩WES 8305 原子炉等規制法に基づく使用済燃料貯蔵施設における手溶接による溶接を行う者の技能 確認試験実施基準


【廃止の理由】
・原子力及び火力発電に関連する技術基準は、従来電事法で規定されていたが、平成25 年7 月8 日付
けで、原子力は原子炉等規制法内の規定に変更された。これに伴い、関連するWES 8207,WES8208 の他、原子炉等規制法に関わるWESを見直し、統合整理したため。


制定/改正/廃止 年月日:2014年10月1日

WES制定・改正・廃止のお知らせ

WES 制定・改正・廃止のお知らせ
下記の日本溶接協会規格(WES)を制定・改正・廃止しましたので、お知らせいたします。

【制定】
①WES 9020:レーザ溶接及び切断の安全基準 
②WES 1111:疲労亀裂伝播試験方法 
③WES 2815:ぜい性亀裂アレストじん性試験方法

【改正】
①WES 8103:溶接管理技術者認証基準 

【廃止】
①WES 2022: 鋼管の突合せ溶接継手の超音波斜角探傷試験方法及び試験結果の等級分類方法
  【廃止の理由】
鋼管溶接部の超音波探傷試験には、一般的に、次の規格が使われているため。
JIS Z 3060:2002 鋼溶接部の超音波探傷試験方法
WES2021:1987 鋼板の突合せ溶接継手の超音波斜角探傷試験方法及び試験結果の等級分類方法

制定/改正/廃止 年月日:2014年1月1日

WES8201,8205,8221,8231,8241,8291改正のお知らせ

WES 改正のお知らせ
下記の日本溶接協会規格(WES)を改正しましたので、お知らせいたします。


①WES 8201:2013「手溶接技能者の資格認証基準」
②WES 8205:2013「チタン溶接技能者の資格認証基準」
③WES 8221:2013「ステンレス鋼溶接技能者の資格認証基準」
④WES 8231:2013「プラスチック溶接技能者の資格認証基準」
⑤WES 8241:2013「半自動溶接技能者の資格認証基準」
⑥WES 8291:2013「銀ろう付技能者の資格認証基準」
 
改正年月日:平成25年10月1日

WES 3004,8110,8111改正のお知らせ

WES 改正のお知らせ
下記の日本溶接協会規格(WES)を改正しましたので、お知らせいたします。


1.WES 3004  圧力設備用金属材料のきずの補修
2.WES 8110  建築鉄骨ロボット溶接オペレータの技術検定における試験方法及び判定基準
3.WES 8111 建築鉄骨ロポット溶接オペレータの資格認証基準
 
改正年月日:平成25年6月1日

WES8701改正のお知らせ

WES 改正のお知らせ
下記の日本溶接協会規格(WES)を改正しましたので、お知らせいたします。


1.WES 8701 溶接構造物非破壊検査事業者等の認定基準
 
改正年月日:平成25年3月1日

WES2302,7102,7103,7104,7105,7602改正のお知らせ

WES 改正のお知らせ
下記6件の日本溶接協会規格(WES)を改正しましたので、お知らせいたします。


1.WES 2302 溶接材料の管理指針
2.WES 7102 チタン及びチタン合金イナートガスアーク溶接作業標準
3.WES 7103 鋳鉄のガス溶接作業標準
4.WES 7104 鋳鉄の被覆アーク溶接作業標準
5.WES 7105 硬化肉盛被覆アーク溶接作業標準
6.WES 7602 チタンクラッド鋼のイナートガスアーク溶接及びチタンライニング作業標準


改正年月日:平成24年10月1日

WES 7700 規格群 制定のお知らせ

WES 7700 「圧力設備の溶接補修 」規格群 制定のお知らせ

下記の日本溶接協会規格(WES7700-1,-2,-3,-4:2012)を制定しましたので、お知らせいたします。


1.7700-1 圧力設備の溶接補修 第1部:一般
2.7700-2 圧力設備の溶接補修 第2部:きず除去と肉盛溶接補修
3.7700-3 圧力設備の溶接補修 第3部:窓形溶接補修
4.7700-4 圧力設備の溶接補修 第4部:外面当て板溶接補修


制定年月日:平成24年7月1日

WES 3001,9002 改正のお知らせ

WES 3001,9002 改正のお知らせ

下記の日本溶接協会規格(WES3001,9002)を改正しましたので、お知らせいたします。

1. WES 3001 溶接用高張力鋼板(解) (英)
2. WES 9002 溶接ヒュームなどに関する注意書の表示標準

改正年月日:平成24年3月1日

WES 2810 制定のお知らせ

WES 2810 制定のお知らせ

下記の日本溶接協会規格(WES2810)を制定しましたので、お知らせいたします。

1. WES2810 鉛フリーはんだ対応はんだこて試験方法

制定年月日:平成24年1月1日

制定の理由:欧州連合の廃電気・電子機器(WEEE)にかかわる有害物質規制(RoHS)に伴い電子機器実装のほとんどが鉛フリーはんだ化しており,使用されるはんだこての性能評価が重要となってきたため,鉛フリーはんだ対応のはんだこての性能およびその耐久性を評価するために新たに制定した。

                                                       以上

WES6204 廃止のお知らせ

WES 6204 廃止のお知らせ

下記の日本溶接協会規格(WES6204)を廃止しましたので、お知らせいたします。

1. WES6204 スポット溶接用電極加圧計

制定年月日:平成24年1月1日

廃止の理由:JIS C 9325 抵抗溶接機用電極加圧力計として制定されたため。

                                            以上

WES 2805 改正のお知らせ

WES 2805 改正のお知らせ

下記の日本溶接協会規格(WES2805)を改正しましたので、お知らせいたします。

1. WES2805 溶接継手のぜい性破壊発生及び疲労亀裂進展に対する欠陥の評価方法(解)

改正年月日:平成23年10月1日

WES 8107 改正のお知らせ

WES 8107 改正のお知らせ

下記の日本溶接協会規格(WES)を改正しましたので、お知らせいたします。

1. WES 8107 溶接作業指導者認証基準

改正年月日:平成23年7月1日

WES 8109,8302,8312 改正のお知らせ

WES 8109,8302,8312 改正のお知らせ

下記の日本溶接協会規格(WES)を改正しましたので、お知らせいたします。

1.WES 8109 マイクロソルダリング要員認証基準
2.WES 8302 原子炉等規制法に基づく加工施設及び再処理施設における手溶接による溶接を行う者の技能の確認試験実施基準
3.WES 8312 原子炉等規制法に基づく加工施設及び再処理施設における溶接施行法の確認試験実施基準

改正年月日:平成23年2月1日

WES 7901,8303,8304,8305,8313,8314,8315 制定のお知らせ

WES 7901,8303,8304,8305,8313,8314,8315 制定のお知らせ
下記の日本溶接協会規格(WES)を制定しましたので、お知らせいたします。

1.WES 7901 余裕深度処分容器溶接規格
2.WES 8303 原子炉等規制法に基づく試験研究の用に供する原子炉等における手溶接による溶接を行う者の技能の確認試験実施基準
3.WES 8304 原子炉等規制法に基づく研究開発段階にある発電の用に供する原子炉における手溶接による溶接を行う者の技能の確認試験実施基準
4.WES 8305 原子炉等規制法に基づく使用済燃料貯蔵施設における手溶接による溶接を行う者の技能の確認試験実施基準 
5.WES 8313 原子炉等規制法に基づく試験研究の用に供する原子炉等における溶接施行法の確認試験実施基準
6.WES 8314 原子炉等規制法に基づく研究開発段階にある発電の用に供する原子炉における溶接施行法の確認試験実施基準
7.WES 8315 原子炉等規制法に基づく使用済燃料貯蔵施設における溶接施工法の確認試験実施基準

制定年月日:平成23年2月1日

WES8103改正のお知らせ

下記の日本溶接協会規格(WES)の改正しましたので、お知らせいたします。

1.WES8103:2008「溶接管理技術者 認証基準」
2.WES8103e:2008「Standard for Certification of Welding Coordination Personnel」

上記の改正された各規格はこちらから閲覧できます。
WES8103

WES規格のご利用は、こちらから。

WES8110、8111、9009 改正及び9007廃止のお知らせ

下記の日本溶接協会規格(WES)の改正しましたので、お知らせいたします。

   1.WES8110:2007「建築鉄骨ロボット溶接オペレータの技術検定における試験方法及び判定基準」
   2.WES8111:2007「建築鉄骨ロポット溶接オペレータの資格認証基準」
   3.WES9009-1:2007「溶接,熱切断及び関連作業における安全衛生 第1部:一般」
   4.WES9009-2:2007「溶接,熱切断及び関連作業における安全衛生 第2部:ヒューム及びガス 」
   5.WES9009-3:2007「溶接,熱切断及び関連作業における安全衛生 第3部:有害光」
    6.WES9009-4:2007「溶接,熱切断及び関連作業における安全衛生 第4部:電撃及び高周波ノイズ 」
    7.WES9009-5:2007「溶接,熱切断及び関連作業における安全衛生 第5部:火災及び爆発」
    8.WES9009-6:2007「溶接,熱切断及び関連作業における安全衛生 第6部:熱,騒音及び振動」

WES9009-1~6改正に伴い、下記の日本溶接協会規格(WES)を廃止しましたので、お知らせいたします。

    1.WES9007「溶接作業環境管理基準 (解)」

  ※上記の改正された各規格はこちらから閲覧できます。
     WES8110
     WES8111
     WES9009-1
     WES9009-2
     WES9009-3
     WES9009-4
     WES9009-5
     WES9009-6
    
  ※WES規格のご利用は、こちらから。

WES2805、8207、8217改正のお知らせ

下記の日本溶接協会規格(WES)の改正しましたので、お知らせいたします。

   1.WES2805:2007「溶接継手のぜい性破壊発生及び疲労き裂進展に対する欠陥の評価方法」
   2.WES8207:2007「発電設備用溶接士資格認証基準」
   3.WES8217:2007「発電設備用溶接施工法認証基準」


  ※上記の各規格はこちらから閲覧できます。
     WES2805
     WES8207
     WES8217

  ※WES規格のご利用は、こちらから。

WES8701改正のお知らせ

下記の日本溶接協会規格(WES)の改正しましたので、お知らせいたします。

   WES8701:2007「溶接構造物非破壊検査事業者等の認定基準」

  ※WES8701はこちらから閲覧できます。
     WES8701

  ※WES規格のご利用は、こちらから。

WES6601・6603・8207改正のお知らせ

下記の日本溶接協会規格(WES)の改正しましたので、お知らせいたします。

   1.WES6601:2006「数値制御切断機の精度検査」
   2.WES6603:2006「アイトレーサ式ガス切断機の精度検査」
   3.WES8207:2006「発電設備用溶接士技能確認試験実施基準」


  ※上記の各規格はこちらから閲覧できます。
     WES6601
     WES6603
     WES8207

  ※WES規格のご利用は、こちらから。

WES 8107英語版制定のお知らせ

下記の日本溶接協会規格(WES)の制定しましたので、お知らせいたします。

  1.WES8107:2004「Standard for Certification of Welding Practitioner」
    (英語版)


  ※WES8107英語版は、こちらから閲覧できます。

  ※WES規格のご利用は、こちらから。


WES 5401/WES 5402/WES 1110 廃止のお知らせ

日本溶接協会規格(WES)のうち、下記の規格を廃止しました。

  1. WES 5401:1986 アーク溶接用アルゴン-炭酸ガス混合ガス
    (JISZ3253:2003アーク溶接及びプラズマ切断用シールドガス制定による)

  2.WES 5402:1986 アーク溶接用炭酸ガス
    (JISZ3253:2003アーク溶接及びプラズマ切断用シールドガス制定による)

  3.WES 1110:1995 スポットおよび重ねプロジェクション溶接部の現場試験方法
(本WESは1996年に制定された同名のJIS規格、「JISZ3144スポット及びプロジェクション溶接部の現場試験方法」の原案になったものである。JISZ3144:1996に対応しているISO10447:1991が2006年改正され、抵抗溶接関連規格検討委員会内で、JISZ3144の改正を検討している。改正検討中、JISに移行したWES1110の廃止手続きがなされていなかった事が判明したため)