4.9基礎杭溶接

告知 基礎杭溶接技能者の資格認証基準について

基礎杭技能者資格の認証について規定している次の規格が、2021年10月1日付で改正となりました。
WES 8106(基礎杭溶接技能者の資格認証基準)
・新しいWES 8106は日本溶接協会のHPから閲覧購入できます。

新規格の適用は、2022年6月1日以降の評価試験から適用を開始しております。

1.基礎杭溶接技能者資格の種類

溶接方法資格の
種別記号
溶接姿勢 試験材料の種類、
厚さ区分
溶接継手の区分 開先
形状
裏当
リング
被覆アーク
溶 接
FP-A-2P 鉛直固定 炭素鋼管/中肉管 管の突合せ溶接 レ形 あり
マグ溶接 FP-SA-2P
セルフシールド
アーク溶接
FP-SS-2P

2.基礎杭溶接技能者資格の受験条件

資格の級別・種別受験条件
FP-A-2PJIS Z 3801 に基づくいずれかの資格を現有する者。ただし、1 か月以上の溶接技術を習得した者であれば、受験資格の試験に合格することを前提としてJIS Z 3801 に基づくいずれかの資格と同時に受験することができる。
FP-SA-2P JIS Z 3841 に基づくいずれかの資格を現有する者。ただし、1 か月以上の溶接技術を習得した者であれば、受験資格の試験に合格することを前提としてJIS Z 3841 に基づくいずれかの資格と同時に受験することができる。
FP-SS-2P

3.評価試験の内容

実技試験のみWES 8106にもとづいて行い、外観試験及び曲げ試験により評価します。

4.試験に使用できる溶接材料及びガスについて

・評価試験で使用できる溶接材料リスト(PDF)
*評価試験で使用できる使用溶接材料は、受験申請時に選択した溶接材料のみ使用可とし、評価試験当日の使用溶接材料の変更は不可となります。

・ワイヤ径に規定はありませんが、申込み時に記入してください。
・マグ溶接のシールドガスは、炭酸ガス、混合ガス(Ar+CO2)から選択してください。