こての運用について


こて先の当て方、動かし方によって、ソルダリング品質が変わります。
基本に忠実に行えば、スルーホールの部品側にもソルダは達します。

実技セミナーでは、ソルダリングの基本を少人数制で教授しております。

 

(1)リード部品を挿入してある穴にはんだごてを置き、基板と部品を同時に加熱します。

(2)図中1番にソルダを供給し、こてをリード先端部に向けて動かします。

(3)図中2番にソルダを供給してた後、こてを穴に向けて移動します。

(4)図中3番にソルダを当て、ソルダを穴に向けて動かします。

なお、動画は、図中の2番から開始しています。

「マイクロソルダリング技術教育用ビデオ」では、工具の使用方法をはじめ、
こての運用方法、ソルダの当て方等を教授しています。
社内教育用、自習用として、日刊工業新聞社で扱っております。