溶接材料(溶接棒/鉄鋼材料/非鉄金属)フォーラム : 溶接による鋼板(HOT酸洗材)の変色

投稿者 トピック
d-masa
  • 投稿: 2
溶接による鋼板(HOT酸洗材)の変色
私はHOT酸洗材(SPHC-P)を良く使用しますが、
溶接した近辺に錆の様な模様(はん点:2〜5mm2)が頻繁に
浮き出てきます。裏面には出ません。
その模様は
・溶剤等で拭いても落ちません(削ったら当然消えます)
・また素手で触っても膨らみ等何も感じません
・転換剤を塗っても変化しません=赤錆では無いと考えています
です。

当初はスパッタ付着防止剤がスパッタ熱等で反応した色と考えていま
したが、それに関係なく出てくる事が判りました。
あと考えられるとすれば、コイルセンターで塗布される防錆剤との
関係です。

この様な現象について何かご存じのある方、何卒ご教示願います。

※実際困っている事は次工程の塗装です。
 どの様な悪さをするか判らない為、作業者は模様を全部研磨で
 落としています。実際には研磨しなくても問題はないはずなの
 ですが、万一に備えて研磨しているそうです。
 
 この作業を早くやめさせてあげたいのですが、証明する事が
 できず困っています。
 尚、この話はメーカー(製鉄所)へも振っていますが、解決までに
 時間と労力がかかりそうなのです... 







ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

投稿数ランキング
いつも投稿ありがとう
ございます!

順位   ユーザ   投稿数
1 samiec さん 177
2 TSUCHIYA さん 172
3 horikoh さん 118
4 HAL2000 さん 63
5 sugimo さん 50

管理人からひとこと..
回答しても、何の反応がなかったらちょっとサミシイと思うのです。
回答で助けてもらったら、お礼の言葉を一言書いていただけると、そこにコミュニケーションが生まれ、このフォーラムも活性化していくと思っています。
皆さん、どうかご協力を。