品質方針及び公平性のコミットメント

品質方針及び公平性のコミットメント

 一般社団法人日本溶接協会(以下「本協会」という)は、電気工作物の溶接管理に係わる役務、認証を提供するに当たり、全ての適用要求事項を遵守し、高品質かつ公平に、信頼性のあるサービスを提供するために、品質マネジメントシステム(QMS)を確立、実行、維持します。

 本QMSの下で活動を行う全ての従事者は、下記に記す品質方針及び公平性のコミットメントに則り、溶接による電気工作物の品質の確保および信頼性の向上、安全・安心の確保に貢献するよう活動を実施します。


1.品質方針

(1)関連する法令、規制及び規格要求事項を遵守します

(2)顧客要求を満足するサービスを提供することを通じ顧客満足の向上を目指します。

(3)PDCAサイクルによる継続的な改善を推進します。また、リスクに基づく考え方により、積極的な予防活動に努めます。

(4)安全を最優先とする安全文化の醸成に努めます。


2.公平性のコミットメント

(1)本協会は、認証活動における公平性の重要性を認識し、利害抵触を管理し、認証の客観性を確保することを本旨として認証活動を行います。

(2)本協会は,認証機関としての公平性を確保するため、その認証活動を本協会の他の事業から明確に区別します。

(3)認証活動に直接係わらない関連機関が行う活動が、認証活動の公平性を損なうことがないようにします。

(4)認証活動に対する異議申立てについては、公正に受理し、異議申立て審議委員会において客観的に審議し、その結果は申立者に通知します。

(5)これらの状況については、特定の利害関係者によって支配されないように選任したメンバーで構成する所定の委員会に諮り、さらなる改善のための助言を得ることとします。



2019年4月10日        
一般社団法人日本溶接協会
会長   粟飯原  周二