Solder and smart joining division

TOPICS

高機能JIS が制定されました。

【JIS Z 3285の制定】
2017年12月20日付けでJIS Z 3285 「微細接合用ソルダペースト-微細粉末を使用するソルダペーストの特性試験方法」が官報公示されました。

この規格は、主として電子機器,通信機器などの配線の微細化による高密度プリント回路基板(例えば,最小導体幅及び最小導体間隙が,60 μm以下のもの。)への配線接続,部品の接続などに用いるJIS Z 3284-1に規定する粉末サイズの記号7及び記号8の微細粉末を使用したソルダぺーストの特性試験方法について規定しています。

【開発の背景】
本事業は、経済産業省が平成26 年度に我が国の各種製品の国際競争力強化に資するために「JIS
の高機能化」
促進として実施した事業に、(一社)日本溶接協会はんだ・微細接合部会が中心とな
り「接合用ソルダペーストの高機能化に関するJIS 開発」として応募し採択されたものである。

我が国が世界を牽引している実装分野では従来以上の高レベルの品質や性能が求められており、
その等級を盛り込んだ評価基準を、JIS に盛り込むことで製品の優位化を図り、我が国製品の国
際競争力強化に資することができるという考えの下に、本事業は推進された。
すなわち、高機能材料としてのソルダペースト製品の差別化を図り国際競争力を増し、グローバルな市場において顧客の最適な選択が可能になるような規格を開発すべきという業界の要望を背景に3年間わたって推進してきたものである。

【期待効果】
現状では評価できていない微細印刷対応の評価・試験方法を、世界に先駆けて確立したことで、
日本製の高品質・高性能のファインピッチ対応ソルダペーストが、日本のエレクトロニクス製品の品質安定、高品質、低コスト化につながり、国際市場における優位性が増すものと期待される。

 

はんだ関係の日本工業規格(JIS)官報公示のお知らせ

はんだ関係の日本工業規格(JIS)官報公示のお知らせ


主に当部会が中心となって、原案作成を担当した はんだ材料関係のJIS改正案(3規格)が、
下記の通り、平成29年3月21日に工業標準化法第12条の規定に基づき公示されましたのでお知らせします。


                      記

(1) JIS Z 3282 はんだ‐化学成分及び形状
【必要性】
鉛フリーはんだの普及に伴い利用されるはんだの種類が増加し、これらがISO 9453に追加された。さらに、環境への意識の高まりから不純物としての許容値が0.10%から 0.07%へ引き下げられた。また、審議中のIEC 61190-1-3には4種類の鉛フリーはんだを追加することを日本から提案しており、現行JISとの不整合が生じているため、改正が必要となった。
【期待効果】
日本提案で規格化されるはんだ合金を含む国際規格と整合させることで、我が国の電子機器製造業界の国際競争力を高めることが期待されるとともに品質・特性の向上に資する。
【主な改正点】
1.合金系、種類及び記号(箇条4)
表2 に8合金系、9種類のはんだを追加。pbの許容値を0.10%から0.07%に変更。新たに表示することとなった構成元素であるニッケル、ゲルマニウム、りん、ガリウムの略号及び構成元素(%)の対応値の表示例を追加。
2.附属書B(参考)新規に追加。

(2)JIS Z 3283 やに入りはんだ
【必要性】
この規格が引用する JIS Z 3197 「はんだ付用フラックス試験方法」が2012年に改正されたことでフラックスの分類に不整合が生じたこと、フラックス含有量、寸法に関して対応する ISO/1EC規格との不整合があることから、より厳しい国際基準に適合させるために、改正が必要となった。
【期待効果】
本規格を国際規格と整合させることで、我が国の電子機器製造業界の国際競争力を高めることが期待されるとともに、品質・特性の向上に資する。
【主な改正点】
1.種類(箇条4)「表 1 フラックスの分類」をJIS Z 3197 に準じて修正。
2.品質(箇条5)「表3 フラックスの含有量」に記号を追加。「表4フラックスの特性」に
フラックス飛び散りを追加。
3.寸法及び許容差(箇条6)許容差を見直し。
4.附属書A(参考)新規追加。

(3)JIS Z 3910 はんだ分析方法

【必要性】
ISO 9453:2014に、新たな鉛フリーはんだの組成が追加され、環境への意識の高まりから不純物としての鉛許容値が 0.10%から 0.07%へ引き下げられた。これに伴いJIS Z 3282 が改正され、はんだ種類の主要合金成分としてニッケル及びゲルマニウムなどが新たに追加される。その分析方法を標準化するために、改正が必要となった。
【期待効果】
はんだの種類は国際規格化されているが、その分析方法を規格化しているものは無い。日本独自規格ではあるが、分析機器を含む分析方法を詳細に標準化し、分析値の信頼性を保証することで高品質な製品を提供し、我が国の電子機器製造業界の国際競争力を高めることが期待される。
【主な改正点】
1.引用規格(箇条2)引用規格を見直し
2.分析値のまとめ方(箇条6)「表1各成分の表示桁数」を追加。
3.分析方法の区分(箇条7)表2、表3 を、はんだ種類ごとに適用分析方法を明示するよう
に変更。表3にゲルマニウムを追加。
4.原子吸光分析法(箇条Ⅱ)ゲルマニウム標準液及びゲルマニウムの測定波長の例を追加。
5.波長分散方式蛍光X線分析法(箇条12)ニッケル及びゲルマニウムの測定波長の例を追加。
6.ICP発光分光分析法(箇13)ゲルマニウム標準液及びゲルマニウムの測定波長の例を追加。
7.スパーク放電発光分光分析法(箇条14) すず及びゲルマニウムの測定波長の例を追加。

「溶接ニュース」 WES2810特別座談会

はんだこて規格

2012年06月26日 「溶接ニュース」 WES2810(鉛フリーはんだ対応はんだこて試験方法)についての特別座談会の記事が掲載されました 。[産報出版株式会社刊]

『はんだ・微細接合部会』に改組しました!(平成20年度より)

1987年に、「はんだ」のISO規格への対応及び最新のはんだ付技術に対応できる「はんだ」とその関連材料及び評価法などの諸体系の整備の推進を目的として,1987(昭和62)年12 月、工業技術院(現:経済産業省 産業基盤標準化推進室)の協力の下、「はんだ研究委員会」の設立委員会が本会で開催されました。
  本会の構成組織としては、はんだメーカの組織として専門部会が適当とのことでしたが、はんだメーカが企業個々での参加ではなく、既存のはんだ組合としての参加を希望したため、異例ではありましたが、組合が委員会費を負担する「はんだ研究委員会」として設立されました。
  その後、20年を経て、ユーザ企業等の個別参加を経て40社を超える研究委員会となり、ISO、IECの規格審議、共同研究など活発な活動を続け、はんだ付実装関連業界に貢献してまいりました。
  2007年度に委員会設立20周年を迎えるにあたり、はんだ組合としての参加形態を改め、本会の定款・細則に基づき「はんだ」メーカ個々が本会の団体会員として加入することといたしました。はんだ研究委員会をはんだ材料メーカを主体とした微細接合技術を用いる電機・電子機器製造業界の専門部会組織として改組することに致しました。皆様のご参加を心からお待ち申し上げております。

【終了】鉛フリーはんだマニュアルソルダリングの作業条件に関するアンケート調査のお願い

下記のアンケートは終了致しました。
ご協力、誠にありがとうございました。


(社)日本溶接協会 はんだ研究委員会では、試験方法の確立を含め、鉛フリーはんだ対応はんだごての規格作成に向けて検討を開始致しました。鉛フリーはんだ対応はんだごての試験方法確立に向けては、鉛フリーはんだを使用する場合の作業条件を正確に把握する必要があると考え、より多くの作業現場での作業条件を集めることが重要であるとの結論に達し、今回、ご関係の皆様方へのアンケート調査を実施させて頂くことと致しました。

ご多忙の折、誠に申し訳ございませんが、差し支えのない範囲で、添付のアンケートにご回答頂きますよう、是非ともご協力の程 よろしくお願い申し上げます。
                 
恐れ入りますが、アンケートの締め切りは平成18年11月末なっておりますので、アンケート用紙に記されております宛先にご回答よろしくお願い致します。

なお、貴殿にて回答が難しい場合には関連部署にご紹介頂きますよう、あわせてお願い申し上げます。


アンケート用紙はこちらから(圧縮ファイル)


(社)日本溶接協会
はんだ研究委員会
委員長  竹本  正
鉛フリーはんだ対応はんだごて規格作成WG
主査    西川  宏                  

【終了】『マイクロソルダリング技術 教育・認証フェスタ』のご紹介

【このイベントは成功裡に終了いたしました。誠にありがとうございました。】


マイクロソルダリング技術 教育・認証フェスタ
~鉛フリー化によるマニュアルソルダリング~



 弊協会にて運営しておりますマイクロソルダリング技術の教育・認証制度への理解、最新のマニュアルソルダリング用機器・材料・評価装置の展示、最新の研究の紹介などを盛り込んだ標記イベントが10月11日(水) 東京 御茶ノ水の総評会館にて開催されます。


 はんだ研究委員会 委員長の 大阪大学 竹本 正 教授より『鉛フリーはんだへの微量元素添加による優位化』というテーマにてご講演を頂く予定となっておりますので、皆様のご参加をお待ちしております。


詳細はこちらにてご確認願います。