Atomic Energy Research Committee

新しい設計疲労曲線と疲労解析に関するシンポジウム-産業を超えた合理的な共通基盤の構築に向けて-

定員90名となりましたので、お申込み受付を終了いたしました。

新しい設計疲労曲線と疲労解析に関するシンポジウム
- 産業を超えた合理的な共通基盤の構築に向けて-
(第54回国内シンポジウム)

  【開催趣旨】
  (一社)日本溶接協会 原子力研究委員会では、最新情報の交換、今後の動向に関する討論等を目的として、国内シンポジウムを開催しています。例年、本シンポジウムは原子力産業に携わる方を対象としていますが、今年は全産業の研究者・技術者の方にも有益な情報の交換、議論の場となるシンポジウムを企画しました。
  ASME Boiler and Pressure Vessel Codeに代表されるように、海外では最新知見に基づき定期的に見直しを図った規格、基準等によって原子力を含む産業機器の疲労解析、疲労設計が行なわれています。一方、原子力を例にすると、国内では数十年前に策定された疲労解析法が現在も適用され、見直しの必要性が高まっています。そこで、今回は第 54 回シンポジウムとして、「新しい設計疲労曲線と疲労解析に関するシンポジウム — 産業を超えた合理的な共通基盤の構築に向けて -」を企画致しました。
  本シンポジウムでは、原子力研究委員会内の小委員会で策定した新たな設計疲労曲線と疲労解析法について、最適疲労曲線の構築、疲労限度設定の考え方、新たな平均応力補正法の導入、設計係数の見直し、大型試験片による検証等の観点から、策定に携わった専門家を講師に招きご講演いただきます。
  新たな設計疲労曲線と疲労解析法は、産業を超えた合理的な共通基盤の構築を目指して策定されています。
原子力に限らず多くの分野の研究者、技術者に本シンポジウムへ参加頂き、議論いただきますよう、ご案申し上げます。

ご講演概要はこちらから(PDFファイル)
ファイルをダウンロード

プログラムはこちらから(PDFファイル)
ファイルをダウンロード

お申込書はこちらから(オンライン受付)
https://www-it.jwes.or.jp/seminar/

 

  【開催要領】
1.日 時
2019年6月27日(木)10時00分~16時55分

2.定 員
90名 ※申込先着順とし、定員になり次第締め切らせていただきます

3.申込締切日
2019年6月13日(木)

4.参加費
会  員:21,600円(テキスト代、昼食、消費税を含む)
非会員:23,760円(テキスト代、昼食、消費税を含む)
※(1)会員とは日本溶接協会 本部団体会員http://www-it.jwes.or.jp/kain/kaindsp.jsp参照
および日本溶接協会 指定機関http://www-it.jwes.or.jp/office/map.jsp参照の会員です。
※ (2)後援団体会員は、日本溶接協会会員に準拠する。

5.申込方法
◎受講のお申込は、オンラインにて受付致しております。
下記に記載のURLに当協会で開催されます シンポジウム、講習会の一覧が表示されます。
「新しい設計疲労曲線と疲労解析に関するシンポジウム」を選択し、申込情報をご入力下さい。
なお、請求書、領収書ご希望の方は摘要欄にご記載下さい。
◎オンライン申込み後「申込み完了メール」「受講案内メール」が配信されます。受講案内メールに受講番号が明記されております。当日印刷等の上、ご持参下さい。
◎参加費は、下記へご送金下さい。(銀行振込手数料は各自ご負担下さい)
三井住友銀行 神田駅前支店 普通口座 No.140912 (一社)日本溶接協会
(原則として銀行口座への振込みをもって領収書に代えさせていただきます)
◎請求書、領収書をご希望の方は、摘要欄にご記載下さい。
◎お振込後の参加費は返却いたしません。欠席の場合は、代理出席をお願いいたします。
◎資料は、当日会場受付にてお渡しいたします。
ただし、講演に使用したパワーポイントのデータは提供いたしません。

 6.会 場
溶接会館2階ホール 
 〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町4-20