メソポタミア文明
 
この雄鹿の頭部をあしらった銅製の飾り版の枝角の接合にはすでにろう付けが用いられていた。
 
戻る