溶接施工フォーラム : 隅肉溶接に対する突合せのWPS適応可否

投稿者 トピック
SEGQWEI8
  • 投稿: 3
隅肉溶接に対する突合せのWPS適応可否
掲題について、隅肉溶接の施工に際して、突合せのWPSは適応可能でしょうか。
適応CodeはASME Section IXであり、QW-451.4に従えば、突合せのPQRですべての隅肉サイズについてQualify可能との記述があります。
従い、突合せのWPSを用いて隅肉の施工が可能との理解です。(もちろん材料の区分、熱処理の要否は同じである必要あり。)

上記理解に間違いがないかどうかご教示頂きたく。
samiec
  • 投稿: 147
Re: 隅肉溶接に対する突合せのWPS適応可否
SEGQWEI8さん

>QW-451.4に従えば、突合せのPQRですべての隅肉サイズについてQualify可能との記述があります。

この部分は、そのとおりです。
この規定の意味は、突合せのPQRがあれば、全てのサイズのすみ肉溶接のWPSをqualifyできる、という意味です。

次に、
>従い、突合せのWPSを用いて隅肉の施工が可能との理解です
というのは、ちょっと違います。

ASME IX, QW-200.1に明確に書かれているように、WPSとは製品の溶接に対する指示書です。したがって、すみ肉溶接で行う製品には、当然のことながらすみ肉溶接を指示するWPSがなくてはおかしいのです。
ASME IX, QW-451.4 で規定しているのは、突合せのPQRがあれば、どんな板厚のすみ肉溶接のWPSもqualifyできるということであって、すみ肉溶接の製品に対して、そのWPSで(製品とは異なる)突合せ溶接を指示してよいとは言っていません。

WPSは、製品の溶接の方法を的確に指示しているものです。
製品溶接がすみ肉なら、すみ肉のWPSを1枚作ってみてください。ペーパーワークだけのことですから。
SEGQWEI8
  • 投稿: 3
Re: 隅肉溶接に対する突合せのWPS適応可否
ご回答いただきありがとうございます。
大変勉強になりました。
ありがとうございます。



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

投稿数ランキング
いつも投稿ありがとう
ございます!

順位   ユーザ   投稿数
1 TSUCHIYA さん 172
2 samiec さん 147
3 horikoh さん 117
4 HAL2000 さん 56
5 sugimo さん 50

管理人からひとこと..
回答しても、何の反応がなかったらちょっとサミシイと思うのです。
回答で助けてもらったら、お礼の言葉を一言書いていただけると、そこにコミュニケーションが生まれ、このフォーラムも活性化していくと思っています。
皆さん、どうかご協力を。