検査(外観検査/非破壊検査)フォーラム : SUS316Lの溶接後熱処理と非破壊検査に関して

投稿者 トピック
TA01
  • 投稿: 16
SUS316Lの溶接後熱処理と非破壊検査に関して
お世話になります。
SUS316Lの溶接物に対する非破壊検査のタイミングについて質問いたします。

弊社製品におきまして、工程上の都合から、
溶接⇒非破壊検査(PT,RT)⇒PWHT
という工程を組んでおります。

他の材料であれば再熱割れの懸念から、PWHT後に非破壊試験を実施する必要があると思うのですが、SUS316Lに関しては特に規定も無く、PWHT前の実施で問題ないと認識しておりますが、いかがでしょうか?

samiec
  • 投稿: 182
Re: SUS316Lの溶接後熱処理と非破壊検査に関して
TA01さん

オーステナイト系ステンレス鋼のPWHTというのは、固溶化熱処理のことですね。
TA01さんの会社で作る溶接製品というのは、材料規格で固溶化熱処理が要求されるような、溶接管とか管継手の類ですか。

さて、実は20世紀から21世紀に代わる前後に、ステンレス鋼の溶接部の再熱割れの事象が大きな問題となりました。JWESのQ&A1000に詳細が出ています。
http://www-it.jwes.or.jp/qa/details.jsp?pg_no=0060050090

まず、TA01さんの溶接製品の製造に使用する溶接方法は何か、ということが一つ問題となります。
上のQ&A1000のケースは主にFCAWを使用したケースで顕著に起きた問題ですが、これは手溶接でも決して起きないわけではありません。フラックスを使用しないTIGやMIGなどは、この心配がありません。

それなりに配慮した溶接材料(上のケースではBiフリーの溶接材料)を使用すれば、再熱割れのリスクは下がりますが、耐圧部に使用される溶接管や管継手など、その製品の重要度に応じて、やはり熱処理後にもPTを実施しているケースが多いです。

客先の仕様書なども、よくご確認ください。



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

投稿数ランキング
いつも投稿ありがとう
ございます!

順位   ユーザ   投稿数
1 samiec さん 182
2 TSUCHIYA さん 172
3 horikoh さん 118
4 HAL2000 さん 64
5 sugimo さん 50

管理人からひとこと..
回答しても、何の反応がなかったらちょっとサミシイと思うのです。
回答で助けてもらったら、お礼の言葉を一言書いていただけると、そこにコミュニケーションが生まれ、このフォーラムも活性化していくと思っています。
皆さん、どうかご協力を。