検査(外観検査/非破壊検査)フォーラム : 電気抵抗溶接の継手効率

投稿者 トピック
Koutou
  • 投稿: 6
電気抵抗溶接の継手効率
溶接管を作るのに電気抵抗溶接がよく使われます(電縫管)。圧力容器関係の規格では、電気抵抗溶接の場合の継手効率を0.85としているものが多くあります。アーク溶接の場合は、0.8辺りが多いようですが、非破壊試験を行うことにより1.0とすることも出来るのに対し、電縫管の場合は非破壊試験を行っても0.85としている規格が大多数です。理由は何でしょうか。欠陥が現れにくいというようなことがあるのでしょうか。



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

投稿数ランキング
いつも投稿ありがとう
ございます!

順位   ユーザ   投稿数
1 samiec さん 183
2 TSUCHIYA さん 172
3 horikoh さん 118
4 HAL2000 さん 66
5 sugimo さん 50

管理人からひとこと..
回答しても、何の反応がなかったらちょっとサミシイと思うのです。
回答で助けてもらったら、お礼の言葉を一言書いていただけると、そこにコミュニケーションが生まれ、このフォーラムも活性化していくと思っています。
皆さん、どうかご協力を。