溶接施工フォーラム : フレアー溶接

投稿者 トピック
HAL
  • 投稿: 1
フレアー溶接
土木工事においてフレア溶接を行うのですが溶接長が10D以上を確保できません。5Dと5Dに分割して行うことは可能なので施工図を発注者に提出したら了解が得られません。良い方法はありますか?また、こういった施工は文献に記載はありますか?
horikoh
  • 投稿: 96
Re: フレアー溶接
「土木工事においてフレア溶接」は、鉄筋の重ね継手でしょうか?
溶接長10Dを必要とする理由は何でしょうか?
また、確保できない理由は?出来ないものは出来ませんよね。
力の伝達が目的なら、増し盛で断面を増やす、
ショートビードによる硬化が心配なら、予・後熱などの対策が考えられます。
HAL2000
  • 投稿: 50
Re: フレアー溶接
HALさん
私とそっくりなバンドル名で、一瞬びっくりしました。

溶接長さ10Dについては「鉄筋フレア溶接継手設計施工指針」(鉄道総合技術研究所)にあるようです。
また、国土交通省の各地方整備局が発行している各種のマニュアル(例えば耐震補強マニュアル)にも、その算出根拠と共に溶接長10Dが記載されています。

溶接協会のHPで閲覧できるe-bookに、溶接管理技術者の研修会テキストとして使っている「溶接・接合技術入門」がありますが、その中の第3章 202〜204ページにも鉄筋溶接が記載されています。

インターネットで見てみると、鉄筋のフレア溶接で「片面10D、両面5D」というのがありました。ただ、両面5Dの根拠を示す文献は見当たりませんでした。
どなたかご存知の方にフォローしていただければ・・・。




ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

投稿数ランキング
いつも投稿ありがとう
ございます!

順位   ユーザ   投稿数
1 TSUCHIYA さん 172
2 horikoh さん 96
3 samiec さん 95
4 sugimo さん 50
5 HAL2000 さん 50

管理人からひとこと..
回答しても、何の反応がなかったらちょっとサミシイと思うのです。
回答で助けてもらったら、お礼の言葉を一言書いていただけると、そこにコミュニケーションが生まれ、このフォーラムも活性化していくと思っています。
皆さん、どうかご協力を。