検査(外観検査/非破壊検査)フォーラム : すみ肉溶接の溶け込み過剰の判定について

投稿者 トピック
ohno
  • 投稿: 2
すみ肉溶接の溶け込み過剰の判定について
肉厚4.9?のパイプ状の物体に肉厚2.9?のパイプを差し込んで外周面をTIG溶接により「すみ肉溶接」を行いました。
外周面の外観(脚長、余盛、ビード等)には問題ありませんでした。しかし、パイプの内面まで完全に溶かし込んでしまっており、パイプ内面にたれ込みがあり、溶接裏波の様に見える状態になっていました。
すみ肉溶接の場合、一般的に内側にたれ込みが出るほど溶かし込んではいけないと聞いていますが、溶接作業者に根拠を示して指摘したいと思っています。すみ肉溶接の溶け込み過剰に関する外観判定基準等が記述されている規格や文献などがあればご教示願います。
TSUCHIYA
  • 投稿: 172
Re: すみ肉溶接の溶け込み過剰の判定について
私の独断と偏見です。
こう云うのも溶接屋泣かせなのですよね。『外周面の外観(脚長、余盛、ビード等)には問題ありませんでした』何を基準に判断をしたのでしょうか。何かを参照としたなら、その基準内に参考となる裏波形状の規定はなかったのでしょうか。
一般には、適用規定あるいは設計指示がないなら、溶接屋の立場ならどういう裏波を出そうが指示がないなら勝手でしょうということとなります。
設計的には、板へのロンジ取り付け、内の流体の圧損、流体によるエロージョン、内径の有効アパーチャー要求などがある場合は内部に裏波が出ることを嫌います。逆に、隙間腐食、アウトガスなどの問題がある場合は、裏波の形成あるいは内面溶接が必要となります。設計目的により要求されることが異なります。かと云って、客への見栄えもありますので、JISの配管突合せ溶接技能試験に要求される裏波の形状(確か、薄板で表、裏とも3mm高さ程度と記憶していますが、検査指針をご確認ください)準用する程度が、判断の分かれ目となると思います。
なお、対象の管にこの程度の薄肉管を取り付ける場合、溶接部の熱容量の違いから、取り付けた薄肉管の先溶けが生じて、裏に突き抜けやすいので、必要に応じて、あらかじめ要求事項を指示して、裏波を出さないように指示しておくことが必要です。こう云う指示をした場合、逆にルートの沸きが甘くて、ルートブリッジが生じて実効のど厚の不足を生じやすいので注意が必要です。また、綺麗な裏波を作るなら、取り付け部をバルジ加工などして、取り付け管と同径の突合せ溶接になるような加工をあらかじめ行い、綺麗に裏波を形成したほうが良いでしょう。

ohno
  • 投稿: 2
Re: すみ肉溶接の溶け込み過剰の判定について
ご回答ありがとうございました。参考にさせてもらいます。



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

投稿数ランキング
いつも投稿ありがとう
ございます!

順位   ユーザ   投稿数
1 samiec さん 183
2 TSUCHIYA さん 172
3 horikoh さん 118
4 HAL2000 さん 66
5 sugimo さん 50

管理人からひとこと..
回答しても、何の反応がなかったらちょっとサミシイと思うのです。
回答で助けてもらったら、お礼の言葉を一言書いていただけると、そこにコミュニケーションが生まれ、このフォーラムも活性化していくと思っています。
皆さん、どうかご協力を。