溶接材料(溶接棒/鉄鋼材料/非鉄金属)フォーラム : ステンレス用溶加棒に溶着金属の機械的性質の規定が無い理由

投稿者 トピック
OGISAN
  • 投稿: 9
ステンレス用溶加棒に溶着金属の機械的性質の規定が無い理由
一般的にJIS規格の「被覆アーク溶接棒」、「軟鋼,高張力鋼及び低温用のマグ溶接及び溶接ソリッドワイヤ(JIS Z3312)」、「軟鋼,高張力鋼及び低温用鋼用アーク溶接フラックス入りワイヤ(JIS Z3313)」、「軟鋼,高張力鋼及び低温用鋼用ティグ溶接溶加棒及びソリッドワイヤ(JIS Z3316)」及び「極低温用オーステナイト系ステンレス鋼ティグ溶加棒及びソリッドワイヤ(JIS Z3327)」には、「溶着金属の機械的性質」の規定があります。

その反面、「溶接用ステンレス鋼溶加棒,ソリッドワイヤ及び鋼帯(JIS Z3321)」には「溶着金属の機械的性質」の規定がありません。

長年矛盾を感じているのですが、ステンレス溶加棒に「溶着金属の機械的性質」の規定が何故無いのか、ご存じの方が居られましたらご教授をお願いします。



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

投稿数ランキング
いつも投稿ありがとう
ございます!

順位   ユーザ   投稿数
1 samiec さん 183
2 TSUCHIYA さん 172
3 horikoh さん 118
4 HAL2000 さん 66
5 sugimo さん 50

管理人からひとこと..
回答しても、何の反応がなかったらちょっとサミシイと思うのです。
回答で助けてもらったら、お礼の言葉を一言書いていただけると、そこにコミュニケーションが生まれ、このフォーラムも活性化していくと思っています。
皆さん、どうかご協力を。