メイン
   溶接記号特設フォーラム
  補助記号の二点間溶接

 

  • 溶接記号フォーラム検索
      検索対象:
      溶接記号特設フォーラム
投稿者 スレッド
  •  terumi
      terumi
補助記号の二点間溶接
#1

投稿: 2
始点と終点とが同じでない場合、全周溶接記号ではなく、二点間溶接記号を用いることに206年の改訂でなりましたが、例えば、すみ肉溶接の場合、すみ肉溶接の記号の後ろに、長さ・数・ピッチを指示すると思いますが、二点間溶接の記号を追加した場合には、これらの指示はどのように記載されるのでしょうか。二点間溶接(A→B)の後に記載するのか、記載しないのか、それ以外なのか教えて下さい。

また、二点間溶接はJIS規格で「A→B」と記載されていますが、AとB以外のアルファベットを使用できるか教えて下さい。



添付ファイル: jpg  二点間溶接.JPG (15.72 KB)


2830_5b8499fee8208.jpg 560X111 px
投稿日時: 2018-8-28
印刷
トップ
  •  yanoji
      yanoji
Re: 補助記号の二点間溶接
#2

投稿: 1
JIS Z 3021:2016で補助記号として二点間溶接が追加されました。4.5.3二点間溶接で、「二点間溶接記号は、二点間の同じ種類の連続溶接を示す」と規定されています。ご質問の中に「すみ肉溶接の記号の後ろに長さ・数・ピッチを指示すると思いますが・・・」とありますが、それは断続溶接の場合に表示する溶接寸法ですので、二点間溶接記号において「長さ・数・ピッチ」を記載することはありません。
ただし、始終点が部材の端部と一致していないような場合(例として、表3、No11のA点)は、始終点の位置が明確となるように図面上で寸法表示する、または説明図を追加するなどの配慮が必要と考えます。

また、JIS Z 3021:2016 図2に「始終点の記号は、A、B以外の記号を用いてもよい。」と注記にありますので、A、B以外の記号を使うことは問題ありません。

蛇足になりますが、2点間溶接記号は両側が矢印(←→)です。したがってA、Bどちらから連続溶接を開始してもよく、Aが始点でBが終点というように溶接する方向を規定するものではありません。
投稿日時: 2018-8-31
印刷
トップ
  •  terumi
      terumi
Re: 補助記号の二点間溶接
#3

投稿: 2
回答ありがとうございました。
勉強になりました。両側矢印の補足情報も助かりました。
投稿日時: 2018-8-31
印刷
トップ
 トップ

 



溶接記号特設フォーラムについて
JIS Z 3021「溶接記号」の改正(2010.03.23)は、溶接記号に関係する多くの方に関心があるところですが、この度、溶接記号特設フォーラムを開設し、皆様の情報交換の窓口の場をご提供することにしました。

皆様からの質問はもちろん、利用者同士の回答がなければ、このフォーラムを成り立ちません。皆様のご協力で、このフォーラムが活性化することを願っています。
溶接記号特設フォーラムご利用上のご注意
溶接記号という性格上、この特設フォーラムでは、ファイル添付ができるようにしています。
管理者による添付ファイルのウィルスチェックが必要となりますので、管理者承認制を採用しています。管理者による投稿の承認が済まないと、フォーラムに反映しません。
皆さんが安心して利用できるよう、ご理解をお願いいたします。
なお、添付ファイル機能が利用できるのは、溶接記号特設フォーラムだけです。
ただし、溶接記号特設フォーラムに投稿するには、アカウント編集で氏名(本名)、勤務先のご入力が必要です。
(氏名・勤務先は公表されません)
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

メインメニュー