メイン
   溶接記号特設フォーラム
  基本記号について その2

 

  • 溶接記号フォーラム検索
      検索対象:
      溶接記号特設フォーラム
投稿者 スレッド
  •  t_maru
      t_maru
基本記号について その2
#1

投稿: 10
今回の改正で基本記号に追加された「スポット溶接」、「シーム溶接」ですが、使用例をみると基線を挟んで図示していますが、以下のように基線の上側または下側に図示することはあるのでしょうか?



添付ファイル: jpg  基本記号2.jpg (6.03 KB)


2041_4be295965fa32.jpg 390X168 px
投稿日時: 2010-5-6
印刷
トップ
  •  taka84
      taka84
Re: 基本記号について その2
#2

投稿: 1
 t_maru様

 スポット溶接、シーム溶接の場合、溶接部は鋼板間に形成されます。 もし、ご質問のように基線の上または下側に図示すると
鋼板の矢印側またはその反対側に溶接部が形成されるような誤解を生じかねません。
 従って、スポット溶接およびシーム溶接記号は其線上(基線を挟んで)に図示すべきと思います。
投稿日時: 2010-5-10
印刷
トップ
  •  t_maru
      t_maru
Re: 基本記号について その2
#3

投稿: 10
taka84様

お忙しい中、回答をいただきありがとうございました。
『「スポット溶接」、「シーム溶接」は基線を挟んで図示する。』ということで理解しました。
投稿日時: 2010-5-10
印刷
トップ
  •  horikoh
      horikoh
Re: 基本記号について その2
#4

投稿: 118
補足ですが、
JIS Z 3021:2010の6.2「溶接記号の位置」のc)項に
「溶接部が接触面に形成されるときは、基線をまたいで記載する。」と規定されています。
投稿日時: 2010-5-10
印刷
トップ
  •  t_maru
      t_maru
Re: 基本記号について その2
#5

投稿: 10
horikoh様

お忙しい中、補足していただきありがとうございました。

補足していただいた内容で質問があるのですが、規定の内容を読むと、すべての基本記号で基線を挟んで図示するケースがあると読み取れてしまうのですが、基線を挟んで図示するのは「スポット溶接」、「シーム溶接」だけなのでしょうか?
それとも、「スポット溶接」、「シーム溶接」以外の基本記号でも基線を挟んで図示するケースがあるのでしょうか?

初歩的な質問になってしまいますが、よろしくお願い致します。
投稿日時: 2010-5-11
印刷
トップ
  •  horikoh
      horikoh
Re: 基本記号について その2
#6

投稿: 118
「接触面」の解釈によりますが、ISO、AWSなどの用法を見ますと広がりをもった表面と捉えているようで、その観点からは「フラッシュバット継手」、「サーフェス」への適用が考えられます。
投稿日時: 2010-5-11
印刷
トップ
  •  t_maru
      t_maru
Re: 基本記号について その2
#7

投稿: 10
horikoh様

お忙しい中、回答していただきありがとうございました。
投稿日時: 2010-5-11
印刷
トップ
 トップ

 



溶接記号特設フォーラムについて
JIS Z 3021「溶接記号」の改正(2010.03.23)は、溶接記号に関係する多くの方に関心があるところですが、この度、溶接記号特設フォーラムを開設し、皆様の情報交換の窓口の場をご提供することにしました。

皆様からの質問はもちろん、利用者同士の回答がなければ、このフォーラムを成り立ちません。皆様のご協力で、このフォーラムが活性化することを願っています。
溶接記号特設フォーラムご利用上のご注意
溶接記号という性格上、この特設フォーラムでは、ファイル添付ができるようにしています。
管理者による添付ファイルのウィルスチェックが必要となりますので、管理者承認制を採用しています。管理者による投稿の承認が済まないと、フォーラムに反映しません。
皆さんが安心して利用できるよう、ご理解をお願いいたします。
なお、添付ファイル機能が利用できるのは、溶接記号特設フォーラムだけです。
ただし、溶接記号特設フォーラムに投稿するには、アカウント編集で氏名(本名)、勤務先のご入力が必要です。
(氏名・勤務先は公表されません)
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

メインメニュー