Re: 補助記号の二点間溶接

投稿者: yanoji 投稿日時: 2018-8-31 9:38:44
JIS Z 3021:2016で補助記号として二点間溶接が追加されました。4.5.3二点間溶接で、「二点間溶接記号は、二点間の同じ種類の連続溶接を示す」と規定されています。ご質問の中に「すみ肉溶接の記号の後ろに長さ・数・ピッチを指示すると思いますが・・・」とありますが、それは断続溶接の場合に表示する溶接寸法ですので、二点間溶接記号において「長さ・数・ピッチ」を記載することはありません。
ただし、始終点が部材の端部と一致していないような場合(例として、表3、No11のA点)は、始終点の位置が明確となるように図面上で寸法表示する、または説明図を追加するなどの配慮が必要と考えます。

また、JIS Z 3021:2016 図2に「始終点の記号は、A、B以外の記号を用いてもよい。」と注記にありますので、A、B以外の記号を使うことは問題ありません。

蛇足になりますが、2点間溶接記号は両側が矢印(←→)です。したがってA、Bどちらから連続溶接を開始してもよく、Aが始点でBが終点というように溶接する方向を規定するものではありません。

この投稿者: http://www.jwes.or.jp/forum/newbb/viewtopic.php?forum=1&topic_id=68&post_id=244